東京の下町にできたおしゃれな海外カフェ「PAYU&」。インドネシア産の本格的なコーヒーをお供に優雅な時間を


2022年6月、東京・南砂町にニューオープンしたインドネシアのコーヒー専門店「PAYU&(パユアンド)」。



海外のおしゃれカフェが東京の下町に誕生したことから、地元の人の間でも徐々に話題となっているそうです。



今回は、都内で本格的なコーヒーを楽しめる最新の穴場カフェ「PAYU&」の魅力をご紹介しますね。



ホワイトとブルーで洗練された「PAYU&」



PAYU&の外観



東京メトロ東西線・南砂町駅から徒歩約9分の場所にある「PAYU&」は、6月7日(火)にグランドオープンしました。



PAYU&のカウンター



外観や内装は、ホワイトやブルーを基調とした爽やかな色合いが特徴的で、店内は日当たりが良く穏やかな空間が広がっています。



東京の下町にあるとは思えないほどの、おしゃれな海外テイストを感じられるんですよ。



お店こだわりのインドネシア産コーヒー豆



PAYU&のインドネシア産中煎りカフェラテ



世界有数のコーヒー生産地・インドネシア産のコーヒー豆を使用している「PAYU&」では、現地の本格的なコーヒーを味わうことができます。



こちらでいただける中煎りのカフェラテは、酸味や苦味が少なく飲みやすいのが印象的。



フードメニューに迷ったらコレ!



PAYU&のカフェラテとクロッフルとバナナブレッド



PAYU&」のメニューは、ドリンク以外にフードも充実していいて種類が豊富なんです。



コーヒーのお供にぜひ頼んでもらいたい人気メニューをご紹介しますね。



バナナブレッド



PAYU&のバナナブレッド



お店で手作りされている「バナナブレッド」(400円)は、中にチョコチップとクルミが入っています。



生地はしっとりとした食感で甘さ控えめの優しいお味。



横に添えてあるほろ苦いコーヒークリームをつけて食べると、また違った味を楽しむことができますよ。



クロッフル



PAYU&のクロッフル



IGでも大人気の「クロッフル」(700円)は、サクッと軽い食感で朝食やおやつにぴったりのメニュー。



横に添えられた自家製ベリージャム、バニラアイスクリームと一緒に食べるのがおすすめですよ。  



「PAYU&」の穏やかな空間を感じてみて



PAYU&の内装



まだオープンして間もない「PAYU&」。



テイクアウト利用の方が多く、店内は比較的落ち着いています。



ゆったりとしたカフェタイムを過ごしたいなら、11:00前が狙い目ですよ。



ぜひ、穏やかな空間でコーヒーを味わってみてはいかがでしょう。



PAYU&

住所:東京都江東区南砂6‐4‐6

営業時間:9:00~18:00

定休日:月曜日

公式IG:@payu_andtokyo





カテゴリ