NCT 127、自身初ドームツアーラストとなる大阪公演スタート 「日本のファンのみなさん、”愛してる”です」【全員コメントあり】

NCT 127、自身初ドームツアーラストとなる大阪公演スタート 「日本のファンのみなさん、”愛してる”です」【全員コメントあり】

 多国籍男性ボーイズグループ・NCT 127がきょう、自身初となる日本ドームツアー『NCT 127 2ND TOUR ‘NEO CITY:JAPAN - THE LINK’』大阪公演の初日を迎えた。公演前、囲み取材に応じたメンバーは公演への意気込み、ファンとお互いへの思いを明かした。



【写真】ドーム公演直前!! メンバーたちのソロショット



 メンバーはテイル、ジャニー、テヨン、ユウタ、ドヨン、ジェヒョン、ジョンウ、マーク、ヘチャンの9人。2018年の日本デビューから4年を迎えての初ドームツアー、そして日本人メンバー・ユウタは自身の故郷である大阪での公演に「大阪で、最後に京セラドームでできるということですごくうれしいですし、なにより待ってていてくれたファンのみんなにこのステージを頑張って準備したので、あとは楽しむだけ。一緒に楽しい時間を作れたらなと思います」と一言。



 また、今後に向けての目標を聞かれるとテヨンは「もちろんスタジアムツアーもしたいと思いますし、高みを目指して記録を樹立したい気持ちはあるんですけど、みんなが望んでいるのは幸せでいようということです。どんなステージに立っても幸せな気持ちでステージに立てるということが目標となっています。そして今でもこのステージに立てるということが幸せだと感じていますので、長くステージに立つことが目標になります。スタジアムツアーや記録に関してはユウタさんから説明があると思います(笑)」とコメント。



 テヨンから振られたユウタは「すごい無茶振りできましたね(笑)最近すごい言われるんですよね、「ドームしたけどどう?」とか。でも僕ら自身としてはこれからがスタートだと思っているので、ここからもっともっと僕らを知らないファンの人だったり、僕らよりすごい記録を持ってる先輩たちを塗り替えるくらいの勢いでやっていけたら。楽しいことばかりではないけど、振り返るといつも楽しい思い出になってるので、これからも成長を恐れずに高みを目指していきたいです」と語った。



■ライブ前メンバー全員コメント

・ジャニー



当然のことながらかっこいい姿、頑張っている姿をお見せしたいと思います。そして僕たちが感じている幸せな気持ちを最大限伝えるために頑張ります。そしてこれからも一生懸命頑張りますので引き続き期待していてください。



・マーク



ファンのみなさんが長く待っていてくれたので、日本の、そして大阪のファンのみなさんのために熱くステージをお見せする予定です。そして、ユウタさんのホームグラウンドでもありますので、メンバー全員で気持ちを一つにして、頑張っていいステージを見せたいと思っています。



・ユウタ



今回の僕らのツアーのタイトルが『THE LINK』なんですけど、そのタイトルにかけて、きょうこのコンサートは1日しかないので、後悔がないようにみんなでこのステージを作っていけたらと思います。



・ドヨン



大阪のみなさん、長い間待っていてくださって本当にありがとうございます。大阪はユウタ兄さんの故郷ですが、僕たちもちょっと緊張します。今日、頑張ります。よろしくお願いします。(全て日本語でコメント)



・ジョンウ



僕はジョンウです! 日本のステージに立てて感慨深いです。(ここまで日本語でコメント) 僕たちは今回の公演のために一生懸命準備しました。そして個人的にはこの瞬間を思い切り楽しみたいと思っています。メンバーも同じ気持ちだと思うのですが、時間は決して戻りませんよね?ですので悔いのない公演をしたいと思います。そして情報過多になると思いますが、エナジードリンクを飲む予定です(笑)



・テイル



大阪のファンのみなさんが楽しめて、そして忘れられないステージになってほしいと思って立っています。そのためには悔いのない公演を残したいと思っています。



・テヨン



日本のファンのみなさん、ぜんぶ、愛してる、です。えっと、愛してるです。そして愛してるです。(全て日本語でコメント)



・ジェヒョン



公演中は感動できる曲もあればエキサイトできる曲もあるし、それから気分が良くなる曲など色々あります。その度に僕たちとファンのみなさんは同じ気持ちを感じて、公演が終わると同じ気持ちで寂しい気持ちを感じるんですね。なので今は公演開始前ですが、ファンのみなさんと同じように僕もとてもワクワクしています。



・ヘチャン



今日も会場をいっぱいに埋め尽くしてくださったファンのみなさんに感謝の気持ちを伝えたいと思います。そして今日も悔いなく、楽しいステージを作りたいと思っています。日本のシズニ(ファンの名称)のみなさんも、今日という1日の時間をわざわざ割いて来てくださいますので、悔いなく楽しんでほしいと思っています。そして、NCT 127がドームでツアーをできるということに対しても感謝をしています。「ドームツアーができるグループなんだ」ということをお見せできるようにベストを尽くしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
カテゴリ