世界初!日本酒ボトルと1対1に紐づいたNFTコレクションの開発をスタート

世界初!日本酒ボトルと1対1に紐づいたNFTコレクションの開発をスタート


VUIKU内のプロジェクト「hummingbird」は、1,152アイテムのNFTと紐づいた1,152本の異なるデザインを持つ世界初(※1)の日本酒「sake-tsugi」の開発を開始した。

世界初の試み


世界で初めて、1つ1つのNFTアートを日本酒ボトルのラベルデザインに対応させる。ブロックチェーン技術を活用し、ネット上で所有できるデジタルアートと、物理的な日本酒を融合させ世界へ発信する試みだ。100年後の世界における日本酒のあり方を模索する。

「sake-tsugi」のポイント


「sake-tsugi」は、1本1本が異なるNFTアートで装飾された世界で1本の日本酒だ。また、NFTはコミュニティ参加権や限定商品の購入権として利用可能、さらに、飛騨高山地域の明治時代から続く伝統ある蔵元と協業である点がポイントと言えるだろう。


また、「sake-tsugi」には3つのキーコンセプトがあるので紹介したい。

縁-en-



飛騨高山で出会った酒蔵の人々との縁を大事にし、蔵元とNFT所有者がつながる「縁-en-」は、Web3が目指す参加型社会における新たなコミュニティのあり方を表す。

継-tsugi-


古来より続く日本酒造りに最先端のブロックチェーン技術を継ぎ合わせ、伝統と進化を融合させた新たな日本酒体験を生み出す。

季-ki-


日本独特の豊かな季節の変化と、食材の旬を「走り、盛り、名残」として楽しむ文化にインスピレーションを得たNFTアートを制作する。

唯一無二のラベルで特別な日本酒体験を


NFTアートを購入した人には、同じアートワークをラベルデザインにあしらった日本酒が付属する。また、今回発売するNFTは第三者へ譲渡できないかわりに、酒造とつながる限定コミュニティへの参加権や、将来的に発売予定の商品の購入権として利用できる。また、「sake-tsugi」は手に取りやすく気軽に楽しめることを重視した価格帯での発売を予定している。

東大と藝大のコラボレーション



同プロジェクトは、東京大学(*2)でブロックチェーンを活用したビジネスの開発経験を持つ須田隆太朗氏と、


青山奈津美氏が主導し、


NFTアートは東京藝術大学在学のクリエイター・林宋其氏を中心に制作する。

24seasons×3phases×16randomnessが「1,152NFTs」の意味となる1,152本の異なるデザインを持つ世界初の日本酒「sake-tsugi」の今後にも注目してみては。

(※1)1つ1つのNFTアートが日本酒ボトルのラベルデザインに対応している点において世界初(2022年6月15日()現在・インターネットを用いた自社調べ)
(※2)CO.NECT東京大学ブロックチェーン起業家支援プログラム
カテゴリ