『SASUKE』五輪競技採用の可能性浮上 五種競技“試験導入”の新競技「障害物レース」で番組セット使用

『SASUKE』五輪競技採用の可能性浮上 五種競技“試験導入”の新競技「障害物レース」で番組セット使用

 TBSで1997年から放送されている番組『SASUKE~Ninja Warrior~』が、近代五種競技のひとつとして五輪競技になる可能性が出てきたことが27日、わかった。世界160以上の国と地域で見られ、現地版も20ヶ国以上で制作されている『SASUKE』が、さらなる飛躍を果たすかもしれない。



【動画】次回は記念すべき40回大会! 世界中で愛されている『SASUKE』



 近代五種競技とは、1912年のストックホルム大会から実施されているオリンピック競技で、水泳、フェンシング、レーザーラン(射撃+ランニング)、馬術の5種目で争う競技である。国際近代五種連合(UIPM)が先月2日、2024年のパリ五輪後に近代五種から「馬術」を外し、新たな競技として「障害物レース」を試験導入すると発表した。



 UIPMによると、障害物レースの五輪競技化にむけて積極的にこれまでロビー活動を展開してきた国際団体「World Obstacle」との共催で、2種類の障害物レースをテストする予定だという。きょう27日と28日にトルコの首都・アンカラで行われる近代五種ワールドカップ・ファイナルの後に、最初のテスト大会が行われるが、『SASUKE~Ninja Warrior~』の番組セットを使用できないかと、UIPMとWorld Obstacleの要請を受けたTBSが大会に協力することで合意し、実際にフランスやポーランドなど、ヨーロッパでの現地版収録で使われている番組セットが、このテストで使用されることになった。



 使用される予定の番組セットは、「Wall Flip」「Parallel Pipes」など4種類。世界から集まる近代五種選手が、初日に使用感などを確認した上で、2日目に記録大会に臨む。参加する選手の1人である、ソフィア・エルナンデス選手(グアテマラ)は「障害物レースをトライすることに興奮しているのと同時に、楽しくてクールだといいなとも期待しています。難しいのではと少し緊張もしますが面白いと思うし、参加者にとってよい機会になると思います。私は『SASUKE~Ninja Warrior~』の番組視聴者で、タフなコースをクリアする出場者にいつも感心しています」と大会に向けての期待を寄せている。



 アンカラ大会を含め複数回行われるテストを経て、12月のIOC理事会で正式競技として採択されれば、28年ロス五輪から『SASUKE~Ninja Warrior~』がオリンピック競技になり、人気テレビ番組が五輪競技化、という異例の変貌を遂げることになる。



■国際近代五種連合(UIPM) クラウス・ショーマン会長

近代五種を、オリンピック競技の中でも最も人気があり、アクセシビリティがあり、ワクワクするスポーツへと変えるため、UIPMはこれまで包括的かつ透明性のあるプロセスをとってきました。アンカラで行われるテストイベントは非常に重要なステップです。TBSとWorld Obstacleの協力を得て設定されるコースで実際に近代五種選手や障害物レースのアスリートが試すことを、私たちは楽しみにしております。



■World Obstacle イアン・アダムソン会長

TBSとUIPMと一緒に近代五種に取り組むこと、非常に興奮しています。障害物レースは、5種競技において長い歴史をもっています。『SASUKE~Ninja Warrior~』という160以上の国と地域で何百万もの視聴者が見てきた障害物レースが5種目に採用された場合、ステークホルダーにとって、より番組視聴者が拡大し、オリンピック放送におけるスポーツの魅力をさらに高める可能性があると考えています。



■TBS村口太郎プロデューサー

TBSで1997年にスタートした番組が世界中でも人気番組となり、今回、さらに大きくはばたく可能性があると聞いて興奮しております。『SASUKE』のコンセプトが近代五種競技の1種目としてオリンピックの舞台に立つことを楽しみにしています。
カテゴリ