オースティン・バトラー、初来日「エルヴィスの夢をかなえることができた」

オースティン・バトラー、初来日「エルヴィスの夢をかなえることができた」

 ロックを創り、世界を変えたスーパースター、エルヴィス・プレスリーの物語を映画化した『エルヴィス』(7月1日公開)で主演を務めたオースティン・バトラーと監督のバズ・ラーマンが来日。28日に都内で開催されたワールド・ツアーファイナルイベントに登壇した。



【動画】オースティン・バトラーが登壇したイベントの模様



 映画『ムーラン・ルージュ』『華麗なるギャツビー』などの作品で知られるバズ・ラーマン監督は「エルヴィス・プレスリーはとても日本に来たがっていたんです。日本人にもとても愛されていた。彼の夢は日本でコンサートをすることでした」と、亡きエルヴィスの夢を代弁。「いろいろありまして、かなわなかったんです。どうして、日本に行くことができなかったのか、知りたいと思ったのならば、この映画を観てください」と、ちゃっかり笑顔。



 本作で“キング・オブ・ロックンロール”とも呼ばれるエルヴィス・プレスリーを歌と踊りで見事に体現したオースティン・バトラーも「日本に来るのは初めてです。エルヴィスの夢を僕がかなえることができました」と話し、「さらにすばらしい物語を皆さんと分かち合えること、そしてプロモーションツアーを日本で締めくくれることを誇らしく思っています」と、満足そうにうなずいていた。



 イベントの後、「カラオケに行くのを楽しみにしています」とうれしそうな笑顔を見せると、バズ・ラーマン監督は「彼はキング・オブ・カラオケです」といじって会場の笑いを誘うひと幕もあった。



 一緒に写真を撮るなど、ファンサービスにも丁寧に応じたオースティン・バトラー。全米では24日に公開され、初登場1位の大ヒットスタートを切り、早くもアカデミー賞主演男優賞間違いなしの呼び声も高い。



 バズ・ラーマン監督は「全米1位をとれたことはすばらしいことですが、いろんな映画が公開されていて、劇場に人が戻ってきていることがうれしいです。トム・クルーズの映画も、ホラー映画も、恐竜が出てくる映画もあります。そして、貧しかった少年が黒人音楽に魅了されて、世界を変えるというストーリー(『エルヴィス』のこと)もあります。ぜひ映画館に足を運んでいただきたいです。日本の皆さんにも『エルヴィス』を観ていただいて、この映画をキング・オブ・シネマにしてください」と映画愛をさく裂させた。



 スペシャルゲストとしてモデルで俳優の玉城ティナも登壇。エルヴィスの一番の魅力を尋ねられたオースティンは、「僕がひかれるのは“人間エルヴィス”なんです。本当は双子だったんだけど、一人は生まれてすぐに亡くなって、仲の良かった母も早くに亡くして、そういう喪失感を生涯抱えていた。そんな彼の魂を見つけるために、何が彼を駆り立てるのかということを学びました。彼は笑い声がとてもすてきなんです、心が広く、とてもスピリチュアルで、思慮深い人だった。知れば知るほど愛にあふれた人だと思いました。だからステージであんなにも輝けたんだと思います。心から彼のことが大好きです」と、こちらはエルヴィス愛たっぷりに語っていた。

カテゴリ