アニメ『刀剣乱舞-花丸-』雪ノ巻スペシャルMV公開 山姥切長義&山姥切国広の出会いのシーンも

アニメ『刀剣乱舞-花丸-』雪ノ巻スペシャルMV公開 山姥切長義&山姥切国広の出会いのシーンも

 三部作連続で劇場上映するアニメ『刀剣乱舞-花丸-』の最新作「特『刀剣乱舞-花丸-』〜雪月華〜」。第一幕となる「雪ノ巻」が公開中で、第二幕となる「月ノ巻」が7月8日より、三部作のラストを飾る第三幕となる「華ノ巻」が9月1日より全国公開される。今回、第一幕「雪ノ巻」の週替わり映像特典として発表された「離れ灯篭、道すがら」の先行DL配信が決定し、それにあわせてスペシャルMVが公開された。



【動画】公開された『刀剣乱舞-花丸-』雪ノ巻スペシャルMV



 『刀剣乱舞-花丸-』は、“とある本丸”を舞台に、刀剣男士たちがひたむきに、ほがらかに過ごす日常が人気を博したアニメーション作品。三部作「雪月華」の第一幕「雪ノ巻」では自らを“写し”だとコンプレックスを抱えている山姥切国広と、本歌であることのプライドから国広を挑発してしまう山姥切長義の複雑な関係が描かれる。



 そんな2振によるエンディング曲「離れ灯篭、道すがら」は公開時から音源化が待ち望まれていた1曲。公開されたMVは「雪ノ巻」本編映像が使用され、2振の出会いのシーンも収められており、「花丸」ではお馴染みの和楽器を使用したアレンジや2振の関係を思わせる歌詞を楽しむことができる。



■ ストーリー

時は西暦二二〇五年。



歴史改変を目論む“歴史修正主義者”による、

過去への攻撃がはじまった。



歴史を守る使命を与えられた“審神者(さにわ)”によって励起された

最強の付喪神“刀剣男士”。



これは、そんな彼らが“とある本丸”を舞台に、

ひたむきに、そしてほがらかに生きる“花丸”な日々の物語

カテゴリ