Rocket Punch、笑顔で日本語トーク 日本人ジュリは実家ツアーを希望「みんなが父親と母親に会いたいみたい」

Rocket Punch、笑顔で日本語トーク 日本人ジュリは実家ツアーを希望「みんなが父親と母親に会いたいみたい」

 6人組K-POPガールズグループ・ROCKET PUNCH(ロケットパンチ)が29日、東京・ラフォーレ原宿のBEAT STUDIO HARAJUKUで日本1stシングル「Fiore」(フィオーレ)の発売記念イベントを開催した。



【集合ショット】真っ赤なキュート衣装で美脚あらわなRocket Punch



 Rocket Punchはジュリ(元AKB48の高橋朱里)、ヨンヒ、スユン、ユンギョン、ソヒ、ダヒョンからなる6人組。2019年8月に韓国でデビューし、21年8月にミニアルバム『Bubble Up!』で日本デビューしていた。19年9月には『GirlsAward 2019 AUTUMN/WINTER』出演のため初来日したが、日本デビュー後は初の来日となる。



 イベント前に取材会に出席し、日本で行きたい場所を問われたソヒは「大阪城に行ってみたいです! 実際に行って見てみたい」と話し、ヨンヒも「大阪に行って、お好み焼きのお店に行きたい! まだ1回も日本で食べていないので」とイメージした。ダヒョンは「ディズニーランドに本当に行ってみたい。カワイイものがたくさんあるので」とおねだり。ユンギョンは「渋谷の109に行きたくて、行ってきました。ダヒョンちゃんは友だちが…」と話し、後を受けたダヒョンは「ギャルたちがたくさんいて友だちになりたかった」と明かして、メンバーたちは笑っていた。



 一方のジュリは日本で連れていきたい場所について「私の実家に」と笑顔。「実家に連れて行って、すき焼きやぎょうざ、焼き肉を私の家でしたくて。今回、行けるかわからないですけど、みんなが私の父親と母親に会いたいみたいです」と語ると、メンバーたちは「会いたいです!」と声をそろえていた。



 日本語で質疑に応対したが、スユンは「レコーディングでは発音が大変でした。Rocket Punchは3年ぐらい日本語の勉強をしていますが“ツ”の発音が、まだ難しい…。気をつけないと“シュ”になっちゃう」と照れ笑い。さらに最近、覚えた日本語トークも。ソヒは「どなたでございますか?」だそうで「尊敬語です! 最近、覚えました」と笑う。ダヒョンは「『確かに』です。ジュリちゃんとスユンちゃんがたくさん使います」と話し、ユンギュンは「最近、Ketchy(ファンネーム)たちが私たちに『ROCKET PUNCHしか勝たん』と言うので『しか勝たん』を覚えました」と明かしていた。



 日本語はジュリが教えているそう。ジュリは「(イベント会場の)ラフォーレ原宿のフォが難しい。スユンと一緒にアイフォン、アルフォート、ラフォーレって教えました」とにっこりで「私も韓国語でいっぱい助けてもらったので支えないと」と口にしていた。



 日本1stシングル「Fiore」には、美しく咲き誇る花のように、恋をして紅く色づいていく女の子の気持ちを歌った「Fiore」と、韓国作品2ndミニアルバム『RED PUNCH』から「BOUNCY」の日本語バージョンを収録。ファンクラブ限定盤には、各メンバーのアクリルスタンドキーホルダーがつくほか、ボーナストラックとしてオリジナルオーディオコンテンツ「Rocket Punch Radio」も盛り込まれる。
カテゴリ