祇園・櫻井健一朗、一般女性との婚約を報告 婚姻届提出は「もうちょっとだけ先」

祇園・櫻井健一朗、一般女性との婚約を報告 婚姻届提出は「もうちょっとだけ先」

 お笑いコンビ・祇園の櫻井健一朗(38)が29日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、一般女性と婚約したことを報告した。



【動画】レトルトカレーを食べる様子とともに婚約を発表した祇園・櫻井健一朗



 「プライベートのお知らせです」と題した投稿で、櫻井はたんたんとレトルトのカレーを作って食べる様子とともに、自身の婚約をテロップだけで伝えた。



 「『うそつけえ』という声が聞こえてきそうですね」とし、相手について「(第2号被保険者)(厚生年金加入)」とテロップで記した上で「しっかりとたくましく働かれています」と一般女性であることを説明した。



 世話になっている芸人仲間らにも報告したが、信じてもらえなかったようで、「『どうやら冗談ではない』『うそにしては長い』『え、、ほんまなん?』となってからの皆さんの顔忘れられません」と笑わせた。



 現状まだ一人暮らしだとしながら「そう遠くない時期にこの独房からも出ていくことになりそうです」と伝え、「約5年半、ありがとう1K」と部屋にも感謝を込めた。



 また、「婚約という報告なのですが、入籍はここ、という日がもうちょっとだけ先」だとし、「結局言うので、このタイミングでいいですかとマネージャーさんにお願いしました」とこの日の報告となったことを説明した。



 最後にトイレの個室に入っている相方・木崎太郎に報告する様子を伝え、木崎は「どこで言うてんねん!」とツッコんだ。



 祇園は2008年にコンビを結成。大阪・よしもと漫才劇場を拠点に活動し、『上方漫才大賞』で18年に新人賞を受賞、21年には同奨励賞の候補となった。『M-1グランプリ』では20年に準決勝進出、『キングオブコント』では16年に準決勝まで進んでいる。

カテゴリ