阿部寛、ニューヨーク・アジアン映画祭で日本人初「スターアジア賞」受賞内定

阿部寛、ニューヨーク・アジアン映画祭で日本人初「スターアジア賞」受賞内定

 俳優の阿部寛主演、映画『ミッドナイトスワン』などを手がけた内田英治監督の新作『異動辞令は音楽隊!』(8月26日公開)が、日本時間7月15日から7月31日にかけて開催される「20周年記念ニューヨーク・アジアン映画祭(NYAFF)」で上映されることが決定。阿部と内田監督が渡米して、ワールドプレミア(世界初披露)の場となる上映回で舞台あいさつすることが決定した。さらに阿部は、同映画祭がアジアで最も活躍する俳優に贈る「スターアジア賞」を日本人として初受賞することも内定した。



【動画】映画『異動辞令は音楽隊!』予告編



 NYAFFへの選出理由として「大砲のような刑事が警視庁のバンドのドラマーに転身するという斬新な前提は、娯楽性だけでなくペーソスにも富んでいて、強力なフックになっている。最も意地悪な警察犬のように吠えながらも、同情的で、観客に優しい救済を求める叫び声が印象に残る。日本のエンターテインメントのメインストリームに位置づけてよい、突出している映画だ」と、高い評価を受け、上映に至った。



 ワールドプレミアでの上映とニューヨークでの舞台あいさつについて、阿部は「私自身久しぶりのNYの地で、映画をご覧になるお客様の表情を直にみられると思うと楽しみでなりません。本作が日本のみならずすべての方に勇気と、活力、何歳になっても再起する力を与えてくれることを期待しています」とコメント。



 内田監督は「刺激的で、多くの名作を誕生させた街の、素晴らしい映画祭で『異動辞令は音楽隊!』が上映されることは大変光栄でございます」と喜びと期待のコメントを寄せている。



 阿部が受賞予定の「スターアジア賞」は、過去にイ・ビョンホンやカン・ドンウォン、ドニー・イェンらが受賞した名誉ある賞だ。阿部は30年にわたるキャリアの中で、日本映画のみならず、『チョコレート・ファイター』(08年、タイ/プラッチャヤー・ピンゲーオ監督)、『空海-KU-KAI-』(18年、中国/チェン・カイコー監督)、『夕霧花園』(19年、マレーシア/トム・リン監督)など、海外のアジア作品でも活躍。さまざまなジャンルで発揮したその多才さが評価された。



 スターアジア賞の受賞について阿部は「本作にとって海外初のお披露目の場に監督と共に立ち会えること、さらには素晴らしい賞までいただける事、大変光栄に思います」と、喜びのメッセージも寄せている。
カテゴリ