中村倫也、有村架純の“セリフ覚え”をリスペクト「僕はギリギリにならないと…」

中村倫也、有村架純の“セリフ覚え”をリスペクト「僕はギリギリにならないと…」

 俳優の有村架純、中村倫也が7月1日、神奈川県内で行われたTBS系金曜ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』(7月8日スタート 毎週金曜 後10:00)の制作発表会見に出席した。



【写真】信号待ちも絵になる…有村架純&中村倫也の2ショット



 本作は、問題を抱えてマチベン(町の弁護士)の元にやってくる人々の人生や社会にひそむ問題、またそれに関わる人間模様にスポットを当てる。それらのトラブルに向き合うのは、4回司法試験に落ちた崖っぷち東大卒のパラリーガル・石田硝子(有村)と、司法試験予備試験と司法試験に1回で合格した高卒の弁護士・羽根岡佳男(中村)。正反対のようでどこか似た者同士の2人が、さまざまなトラブルに挑む中で自らのコンプレックスに向き合い成長していく姿をオリジナル脚本でコミカルに描く。



 話題がそれぞれの“セリフ覚え”について及ぶと、中村は「僕はギリギリにならないとセリフを覚えないタイプ」と明かしつつ、有村をチラリと見て「来週、再来週の分の台本をチェックしているんですよ」とリスペクトのまなざしを向ける。



 これに有村は「やらないとついていけないから、やっているだけですね」と白い歯をみせ、「朝ドラ(ひよっこ)では、月曜日に1週間分のリハーサルがあって、そのためにまとめて台本をチェックしていました。これが意外とどの作品にも通用するなって。1週間分の台本を覚えておけば、次の撮影分も覚えられるので、少しだけ余裕ができるんです」と、朝ドラでの経験が活きていると話した。



 会見にはそのほか、赤楚衛二、おいでやす小田、さだまさしが出席した。
カテゴリ