発達支援事業所「エント」で、"音楽×アート"のワークショップが開催

発達支援事業所「エント」で、"音楽×アート"のワークショップが開催


薬局と医療モール運営をメイン事業として展開するイントロンが、埼玉県ふじみ野市に開設している難聴や言語発達にハンディのある児童を対象とした発達支援事業所「エント」において音楽療法プログラムとアートを融合させたワークショップを開催した。

「音楽療法プログラム」を導入


「エント」では、難聴や言語発達にハンディがあり、言葉やコミュニケーションが苦手な児童に対する言語訓練を行っており、4月から、新たに音楽療法士による「音楽療法プログラム」を導入した。

音楽のもつリラックス効果やコミュニケーション力を引き出す効果を利用することで、心身の障害の改善や生活の質の向上を目指していく療法だ。

「雨の音のマラカスづくり」を企画


今回、音楽療法士のプログラムを体験する機会として、既存のサービス利用者を対象として開催したもの。同社は、これまで高齢者向けのアートワークショップを定期的に開催しており、そのノウハウを基に、子供向けの「音楽×アート」の融合によるワークショップとして「雨の音のマラカスづくり」を企画した。

同ワークショップでは、子供たちに音楽の鑑賞やアート作品の制作を楽しんでもらうことを目的としている。「日常とは異なる体験」を通して、五感を刺激することで、コミュニケーション力の向上が見込める。

曲に合わせて音を奏でる楽しさなどを体験


マラカスづくりは、紙コップを本体として、装飾する飾りや中に入れるものを自分で選んでもらい、世界に一つだけのオリジナルマラカスを完成させまる。完成後は自分の手で制作した作品で雨の音を表現すること、また、曲に合わせて音を奏でる楽しさなどを体験した。

「エント」では難聴児や言語発達にハンディのある児童に対して、これまでの個別指導だけではなく、集団指導もできる体制を構築していく。同時に子どもたちのコミュニケーションの輪を広げるためにも音楽療法士を中心とした音楽やアート等にまつわるワークショップを継続して開催していくという。

発達支援事業所「エント」について


イントロンでは、2018年より難聴や言語発達にハンディのある児童を対象とした発達支援事業を起ち上げ、埼玉県ふじみ野市に発達支援事業所「エント」を2拠点運営している。ふじみ野市をはじめ埼玉県全域において、利用者から大変好評を得ている。

「エント」は埼玉県の行う「聴覚障害児支援中核機能モデル事業」に協力している。

音楽やアート等にまつわるワークショップを継続して開催していくという「エント」の今後に注目したい。

イントロン公式サイト:https://intron.co.jp/
カテゴリ