「ホームレス女子大生 川を下る in ミシシッピ川」が「第7回斎藤茂太賞」を受賞!

「ホームレス女子大生 川を下る in ミシシッピ川」が「第7回斎藤茂太賞」を受賞!


報知新聞社で昨年11月に発刊した、佐藤ジョアナ玲子さんの書籍「ホームレス女子大生 川を下る in ミシシッピ川」1,300円(税込)が、旅にかかわる優れた著作を表彰する「第7回斎藤茂太賞」を受賞した。

ホームレス女子大生 川を下る in ミシシッピ川



同書は訳あって、単身異国の地に渡った著者のワクワク、ドキドキがめいっぱい詰まったノンフィクション冒険記だ。10代で母を亡くし、父との確執もあって単身渡米。その後、生物学関係の大学で必死に卒業を目指していた著者が、大学4年生の夏休み直前、アルバイト先が決まらずにアパートを追い出されてしまった。


手元にあるのは以前、知人から譲り受けた「カヤック」と3,000円で買った「テント」、そして10万円。「そうだ、家がないなら、テントに住めばいい!」とテントに住みながら、ミシシッピ川をメキシコ湾までこのカヤックで行ってみることに。



現地の人たちと触れ合い、大好きなワニと一緒に川に浮かび、ヒアリや蚊やアブに襲われながらの3,000キロの川下りは、涙あり、笑いありの“最高の旅”に。著者は初めての著書での受賞となった。

佐藤ジョアナ玲子さん受賞コメント



佐藤ジョアナ玲子さんは、「受賞の知らせを受けたのは、ドナウ川下りの旅の真っ最中で、ブルガリアの市場の真ん中で、何事かと商店から人が出てくるくらい、思わずオーマイガッ!と叫びました(笑)。無名の私がはじめて書いた旅行記ですが、審査員の先生方に楽しく読んで頂けたことがとてもうれしいです。これからも、世界をカヤックで旅して、たくさん書き残していきたいです。この度は、本当にありがとうございました!」とコメント。

著者略歴


著者の佐藤ジョアナ玲子さんは、1996年、東京都港区生まれ。日比ハーフ。都立工芸高校卒業後、生物学を志し米・ネブラスカ州に大学留学。現在はコロラド州のダン・フレンチ剥製工房にて剥製師を目指して修行中。

ロッキー山脈に点在するフォーティナーズと呼ばれる標高1万4000フィート(4267m)を超える53の山々を制覇するべく、山登りにも興じている。

「斎藤茂太賞」とは


日本旅行作家協会が、同協会創立会長の故・斎藤茂太氏の功績をたたえ、またその志を引き継ぐため、氏の生誕100年、没後10年にあたる2016年、旅にかかわる優れた著作を表彰するために創設。

第3回にはお笑いコンビ・オードリーの若林正恭さんの「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」が受賞している。今年が7回目となり、2021年に発表された紀行文、エッセイ、ノンフィクションのジャンルから旅にかかわる優れた著作を表彰するもので、「旅する少年」「戦争とバスタオル」「JK、インドで常識ぶっ壊される」と「ホームレス女子大生 川を下る in ミシシッピ川」が最終候補作として選出され、6月16日(木)に開かれた最終選考会で受賞作が決まった。

「斎藤茂太賞」を受賞した「ホームレス女子大生 川を下る in ミシシッピ川」を手に取ってみては。
カテゴリ