韓国発「OSOI」のバッグがかわいすぎて胸が苦しい…!個性的なのにずっと使えるデザインって貴重じゃない?


梅雨も明け、いよいよ夏本番。



これからますます暑くなってくると、ファッションはどんどんシンプルになりがちですよね。コーデになんだか物足りなさを感じた時は、程よいアクセントになってくれるバッグやシューズが欲しくなるはず。



韓国発「OSOI(オソイ)」のバッグは、そんなときに大活躍間違いなし!派手すぎるわけではないのに、他にはない個性的なデザインが、唯一無二の存在感を放っているんです。



韓国ブランド「OSOI」って知ってる?



OSOIの「TONI MINI」の『BLACK』カラー

@astar_sumicheru / Instagram



2016年11月に韓国でスタートした「OSOI」。以前isutaでも、人気のマルチバッグBANGLERING」をご紹介したことがありました。



「OSOI」というブランド名は、なんと日本語の「遅い」が由来になっているんです。そこには、“少し遅くなったとしても、自分たちの速度でいこう”という意味が込められているそう。



トレンドに敏感になりすぎず、独創的ながらも極端というわけではなく、中性的だけど多様性も忘れない。そんなデザインをベースに、時間が経っても変わらない価値を届けるといいます。



急がず、ゆっくりと。時代を超える永遠の商品を生み出すことを目指し、洗練されたバッグを数多く展開しているブランドです。



まずはシグネチャーライン「MINI BROT」をチェックして



OSOIの「MINI BROT」の『BLACK』カラー

@ue___san / Instagram



OSOIのシグネチャーライン「MINI BROT」(税込3万4176円 ※公式サイト価格)は、ブランドらしいユニークなシェイプのクロスボディバッグ。



パカっと開けやすいがま口デザインで、レトロさはありつつモダンな仕上がりに、OSOIらしさがたっぷり感じられます。



ストラップの長さはバックルで調節できるから、ウエストポーチのようにしてみたり、クラッチバッグのように抱えてみたりと、アレンジも自由自在。



同じシリーズで、『MINI』よりもさらに小さい「PEANUT BROT」(税込3万1235円)や、ちょうどその中間サイズの「PEACAN BROT」(税込2万7835円)も展開されていますよ。



ニューレトロなニュアンスが逆に新しい「BRIDGE MINI」



OSOIの「BRIDGE MINI」の『POWDER PINK』カラー

@mayupino_ / Instagram



ワンハンドルバッグの「BRIDGE MINI」(税込2万7835円)は、ストラップとボディがそのままつながったデザインが珍しいですよね。



曲線と直線のコントラストがユニークで、シンプルなのに個性を感じるシルエット。素材は光沢のあるカウレザーが採用されています。



同じパターンで、少し大きめな「BRIDGE」(税込3万4176円)もラインナップしていますよ。



使い勝手を求めるなら「CIRCLE BROT」に決まり



OSOIの「CIRCLE BROT」の『WASHED BLACK』カラーを手に持った女性

@pippi01234 / Instagram



シンプルな見た目の「CIRCLE BROT」(税込3万4747円)は、使い勝手抜群。がま口がパカッと開くので、物の出し入れもしやすいんです。



本体は弧を描くようなシルエットで、クラシックさとモダンさを両立したフォルムが印象的。



細めストラップのおかげで、ドレッシーにも活躍しそうです。



OSOIの「CIRCLE BROT」の『WASHED TOMATO RED』カラー

@momoka_yanagiya__by / Instagram



OSOIといえば、豊富なカラーバリエーションも魅力の1つ。たとえば、大胆なレッドが目をひくこちらは、『WASHED TOMATO RED』と名付けられたカラーです。



また、素材へのこだわりも見逃せません。あえて革本来の不規則なしわやスクラッチを残すことで、ヴィンテージっぽい雰囲気に仕上げているといいます。



「CIRCLE MINI」のミニミニなサイズ感がかわいすぎる…



OSOIの「CIRCLE MINI」の『WASHED OFF WHITE』カラー

@uomana_06 / Instagram



そんな「CIRCLE BROT」のシェイプとディテールを活かしつつ、かわいらしいミニサイズに仕上げたのが、こちらの「CIRCLE MINI」(税込3万1235円)。



取り外しできるロングストラップが付属しているので、ショルダーバッグとして使うこともできるんです。



本体がミニサイズになったことで、ハンドル部分にあしらわれたシルバーのリングが、より印象的なアクセントになっていますよね。小さいけれどインパクトは抜群で、見た目以上に収納力があるんだとか!



ベーシックかと思いきや、随所に遊び心が覗く「BEAN」



OSOIの「BEAN」の『BLACK』カラー

@yurienishibu_ / Instagram



マチのサイド部分が折り返された「BEAN」(税込3万1235円)は、紙袋のようなフォルムが特徴的。



ハンドルと本体のつながる部分にあしらわれたメタル部品は、「BAU」と呼ばれるOSOI独自の装飾です。一見とってもベーシックなバッグなのに、ちょっぴりメカっぽい印象が加わることで、一気に個性がアップ。



バッグ自体の素材がとっても柔らかくしなやかだからこそ、メタル部分とのコントラストも引き立ちますよね。



外側に縫い目が出ない作りになっているのもポイントです。



かわいさと機能性を併せ持った「TONI MINI」



OSOIの「TONI MINI」の『LILAC』カラー

@728_yra / Instagram



同じく「BAU」をあしらった「TONI MINI」(税込3万1235円)は、ころんと丸いシルエットが唯一無二!



見た目からすでに遊び心がたっぷりなのに、素材に上質なレザーが採用されているから、高級感も漂います。華やかなルックスが、着こなしにアクセントを添えてくれますよ。



BAUを開閉することでストラップの長さを調節できちゃう、高い機能性にもびっくりです。



OSOIのバッグは、シンプル“すぎる”コーデの救世主



OSOIの「TONI MINI」の『ORANGE』カラー

@asu_chan_ / Instagram



気になるデザインはありましたか?



なんだかパッとしないと思っていた着こなしも、OSOIのバッグを足すだけで、個性とこなれ感が加わって、一気におしゃれな仕上がりが叶うかも。



この夏はシンプルコーデに主役級バッグを取り入れて、今まで以上にファッションを楽しんでみてはいかがですか?



日本国内ではセレクトショップや百貨店などで販売されていますが、公式サイトとは価格設定が異なることもあるのでご注意を。





カテゴリ