コーヒー好きさん集まれ~!暑い日にぴったりの「アフォガード」が食べられる全国のおしゃれカフェ5つご紹介


梅雨が明け、本格的な暑さを感じる季節になりました。



そんな時期に食べたくなる“アイスクリーム”ですが、普段のアイスとは違う少し贅沢な「アフォガード」で、ひんやりしてみませんか?



今回は、暑い日にぴったりの「アフォガード」が食べられる、全国のおしゃれなカフェをピックアップしてご紹介します。



Cafe KIKUYA/福岡



cafe KIKUYAのエスプレッソ・アフォガード

@__tmsi1995__ / Instagram



福岡・博多にある「Cafe KIKUYA(カフェ キクヤ)」は、シンプルでナチュラルな内装のお店。



カフェー&バーとして、本格的なスペシャリティコーヒーとお酒を提供しています。



こちらでいただける「エスプレッソ・アフォガード」(税込800円)は、濃厚なミルクアイスと甘い酸味が特徴的なエスプレッソが合わさり、とても上品なお味を楽しめるんだとか。



営業時間が朝の3:00までと長く、夜はバーを利用する方も多いそうですよ。



Cafe KIKUYA

場所:福岡県福岡市博多区中洲1-3-14

営業時間:10:00~27:00 ※日曜のみ10:30〜21:00

公式IG:@cafekikuya2019

※店内喫煙可能/入店できるのは20歳以上に制限されているためご注意ください。





NITO Coffee&Craft Beer/大阪



NITO Coffee&Craft Beerのアフォガード

@__nar78 / Instagram



大阪の北新地にある「NITO Coffee&Craft Beer(ニト コーヒーアンドクラフト ビア)」は、“昼からビール、夜までコーヒー”がコンセプトの、コーヒーとビールのセレクトショップ。



日本全国の有名ロースターのコーヒーと、世界各国のクラフトビールが味わえるカフェ&バーになっています。



こちらでは、香ばしいナッツとキャラメルバニラアイスに、お店オリジナルのエスプレッソをたっぷりと注いだ、絶品の「アフォガード」(600円)がいただけますよ。



NITO Coffee&Craft Beer

場所:大阪府大阪市北区堂島2-2-22 1F

営業時間:11:00~23:00

定休日:不定休

公式IG:@nito_coffee_beer





喫茶hiraya/愛知



喫茶hirayaのアフォガード

@__.cofee / Instagram



愛知・蒲郡にある「喫茶hiraya(ヒラヤ)」は、趣のあるレトロな古民家カフェ。



店内の暖色照明がとても良い雰囲気を醸し出し、落ち着きのある空間になっているそう。



こちらの「アフォガード」(税込650円)は、ころんとした3つのアイスクリームがかわいらしく、ミルキーで優しいお味なんだとか。



絶品の「アフォガード」を味わいながら、素敵な空間に癒されてみてくださいね。



喫茶hirata

場所:愛知県蒲郡市新井町14-33

営業時間:11:00~18:00

定休日:水・木曜日

公式IG:@garagecoffeecompany





Mifuneyama Coffee/千葉



Mifunayama Coffeeのアフォガード

@mhi__05 / Instagram



千葉・木更津にある「Mifuneyama Coffee(ミフネヤマ コーヒー)」は、10種以上の銘柄のコーヒー豆を販売している、自家焙煎のコーヒー専門店。



店内は木目を基調とした暖かみのある雰囲気です。



Mifuneyama Coffeeのアフォガード

@mhi__05 / Instagram



「アフォガード」(550円)に使用している三舟山珈琲のエスプレッソがとても本格的で、苦めの深煎りと甘いアイスクリームはとっても相性抜群なんだそう。



駐車場も利用できるため、ドライブのひと休みに立ち寄ってみるのも良さそうです。



Mifuneyama Coffee

場所:千葉県木更津市畑沢南5-8-9

営業時間:9:00~18:00

定休日:不定休

公式IG:@mifuneyamacoffee





soko station 146/東京



soko station146の内装

@aoi_fashion_gram / Instagram



東京の新木場にある「soko station 146(ソウコ ステーション)」は、白を基調とした韓国っぽい無機質カフェ。



元々あった木材倉庫がリノベーション利用されていて、現代的アートのようなおしゃれな空間が広がっているんです。



soko station146のアフォガード

@aoi_fashion_gram / Instagram



こちらでいただける「アフォガード」(600円)のエスプレッソは、深煎りか浅煎りかを選ぶことができます。



特にコーヒーの香りやコクを味わいたい方は、深煎りのエスプレッソがおすすめですよ。



soko station 146

場所:東京都江東区新木場1-4-6

営業時間:11:30~18:00(L.O.17:30)

定休日:月曜日

公式IG:@soko_station_146





暑い日は「アフォガード」で決まり



今回ご紹介した「アフォガード」は、どれもこだわり抜いたものばかりで魅力がたっぷり。



いつものアイスとは違った、少し贅沢な気分を味わえるのではないでしょうか。



暑い日は「アフォガード」を食べて、涼しいカフェタイムを過ごしてみましょう。



カテゴリ