【CHEF-1グランプリ】ロバート・馬場は料理人目線!?「僕自身の経験値がすごく上がった感覚」

【CHEF-1グランプリ】ロバート・馬場は料理人目線!?「僕自身の経験値がすごく上がった感覚」

 お笑いトリオ・ロバート・馬場裕之が、世界に通用するシェフNo.1決定戦『ザ・プレミアム・モルツ presents CHEF-1グランプリ2022 サバイバルラウンド(以下CHEF-1)』の九州・沖縄エリアのアンバサダーに就任し、シェフの技術、その凄さについてコメントした。



【写真】神妙な表情で審査を行うロバート・馬場と審査員のシェフたち



『CHEF-1』は、日本全国47都道府県の「チャンスをつかみたい!」「夢を叶えたい!」という情熱を持った若き料理人たちがシェフNo.1の称号を目指す大会だ。今年1月の締め切りまでに集まった総エントリー数461のシェフたちが、数ヶ月にわたりバトルを繰り広げる。



――まずは『サバイバルラウンド』収録に参加してみていかがでしたか?



馬場 改めて感じたのは、「大喜利の好きな芸人がおもしろい大喜利を考えるのが好き」っていうのと同じで、僕は料理についてコメントするのが好きなんだなってことですね(笑)。僕は、大喜利はあまり得意ではないのですが、この調理がどんな料理になるんだろう? って考えていくのはすごく楽しかったです。



――九州・沖縄エリアで印象的だったシェフは?



馬場 動画サイトで料理を学んだ17歳の現役高校生シェフが、この大舞台でしっかりと料理を作りきっていたのが印象的でした。泡に香りをつける技法なんてすごい技で、動画サイトも捨てたもんじゃないなって思いました。



それに、それぞれの料理にシェフのみなさんの心意気やストーリーが込められているのも見どころでした。1回戦で、卵を“もみがら”と上新粉でコーティングして天ぷらにするという料理は、「生産者さんが、きれいな水で丹精込めて育てた有機栽培の米だから“もみがら”まで食べてもらいたい」というストーリーが背景にあって、それを料理で表現しているという点に感動しました。



――間近で見て気づいたスゴ技調理の様子を教えて下さい。



馬場 調理時間(1・2回戦は30分、3回戦は45分)のあいだ、ずっと飽きずに見ていられました。実は、現場では制限時間内の調理ということで慌ただしすぎて、油の温度調整がうまくいかないとか、食材にしっかり火が通っていないのでは?などのハプニングがあったんです。でも真剣勝負ですから、こちらで気づいていても言えない。審査員の方々と副音声であーだこーだ、話をしながらやりたいって思いました。



――それだけ見せ場の多いスゴワザ調理バトルだった?



馬場 そうです。焼き加減にしても、揚げ加減にしても、経験しているからこそわかることがあって、そうしたシェフの勘や経験値が如実に現れているリアルな料理バトルでした。バトルの中で、実際にハプニングに見舞われたシェフはどんな対処法を取ったのか…? その行方もまた注目してほしいです。料理しない人も楽しめますが、料理する人は絶対に目が離せないと思います。



――馬場さんは審査員の方ともかなりお話されていましたね。



馬場 はい。聞きたいことや驚きのエピソードがめちゃくちゃたくさんあって(笑)。揚げ物で火が中まで通っていないときに「こんなときにはどうすればいいんですか?」って聞いたら「レンチン(レンジでチン)したらいいよ」とか(笑)。関谷さんに「どんな卵料理を作ってきたんですか?」って聞いていたら、フランスの大会で卵料理を作って優勝したことがあるとわかったりとか。出場シェフも凄い方ばかりですが、審査員にはさらに上回る技術やアイデアがあって、僕自身も経験値がすごく上がったような感覚になりました。



――料理とお笑いの共通点は?



馬場 コンテストという意味では、共通点はめちゃくちゃあります。何度もやっているネタは安定感があるけど新鮮味がなかったり、初めてのネタにはハプニングがつきものだったり。でも、そのハプニングを経験値で補うアドリブ力も共通点ですよね。審査員の方が「自分で責任を持って、第一線で料理を作り続けている人は絶対に強い」と話していたのも印象的でした。それはお笑いでも言えることで、第一線でがんばり続けている芸人はやっぱり強くてかっこいいですね。



――では、『サバイバルラウンド』九州・沖縄エリアの見所をお聞かせください。



馬場 実力のあるシェフが命がけで最高の料理を作るスゴ技を観ることができるのはとても貴重だと思います。昨年の大会で優勝した下國伸シェフもそうですが、この大会で一番をとるシェフは絶対に凄い人なので、『サバイバルラウンド』からチェックしておいて損はないです!



――こちらは各地のアンバサダーをつとめる芸人さんへの連載インタビュー企画になります。次回登場するオズワルドへ一言!



馬場 試食の感想は笑いをとりに行くよりも、素直においしいと思った言葉のほうが正解。以前、食関連のイベントでオズワルドの2人と一緒になったときに、僕があまりにも料理研究家っぽい発言をして引かれたんですが、この『CHEF-1グランプリ』だけはあのときの僕のようなテンションでやったほうがいいよと伝えたいです。出場シェフは真剣に料理と向き合っている人ばかりなので、ちゃんと料理に向き合ってもらいたいと思います。



『ザ・プレミアム・モルツ presents CHEF-1グランプリ2022 サバイバルラウンド』は、7月8日(金)夜11時15分~0時15分(静岡朝日テレビは午後11時45分~0時45分)各地で放送する。
カテゴリ