エンポリオ アルマーニ カフェに、個性あふれる「桃とサボテンのパフェ」が登場

エンポリオ アルマーニ カフェに、個性あふれる「桃とサボテンのパフェ」が登場


日本ではなかなか口にすることができないサボテンを使用した「桃とサボテンのパフェ」が、7月1日(金)〜31日(日)の期間、「エンポリオ アルマーニ カフェ 表参道」及び「エンポリオ アルマーニ カフェ 心斎橋パルコ」にて販売される。

「サボテン」と「桃」が主役のパフェ


エンポリオ アルマーニ カフェに“月替わりのパフェ”が登場したのは2018年。このパフェメニューはすでに5年目を迎え、これまで約50種類ものパフェを生み出してきた。

同メニューでは、これまで数多くの食材を用いてきたが、今月はこれまで一度も使用したことがない食材「サボテン」を「桃」と並び主役に抜擢している。

ウチワサボテンの実の部分を使用


日本では食用としての馴染みが薄い植物ながら、実は様々な国で食用として親しまれているサボテン。


今月のパフェ「桃とサボテンのパフェ」¥2,300(税込・サ料別)には、メキシコなどで夏のフルーツとして愛されている「ウチワサボテン」の実の部分を使用。

“パフェの顔”ともいえるトップ部分には、琥珀カラーが美しいホワイトチョコレートのプレートとレモングラスの葉、フレッシュなグロセイユ(赤すぐり)をトッピング。香り豊かな桃のソルベの下から登場するのは、サボテンの実のグラニテだ。

まるでベリーのようにさわやかでフルーティーな風味とぱっと目を引くビビッドなカラーリングは、サボテンの実だとは想像できない。

味覚と食感を次々と刺激する一品


また、夏の暑さをグラニテで吹き飛ばした後には、香ばしさが食欲をそそるひまわりの種とオートミールのクランブルが登場。その下には、鮮やかなサボテンの実のクリーム、ピーチティの寒天、フレッシュの桃が重なっており、味覚と食感を次々と刺激する。

驚きを楽しんだ後には、ヨーグルトのパンナコッタと桃のソースが現れ、満足感をもたらす濃厚な味わいをお届け。最下部にはほんのりとスパイシーさを感じる生姜のゼリーを仕込み、夏の暑い時期にすっきりとした余韻を楽しめるよう工夫した。

大人気フルーツの桃と、日本では食べる機会が非常に少ないサボテンを主役とした個性あふれるパフェを、この機会に味わってみては。

■エンポリオ アルマーニ カフェ 表参道
住所:東京都港区北青山3-6-1 オーク表参道1F

■エンポリオ アルマーニ カフェ 心斎橋パルコ
住所:大阪市中央区心斎橋筋1-8-3 心斎橋パルコ2F
カテゴリ