『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』興収10億円突破 7・14にスタッフトーク第3弾

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』興収10億円突破 7・14にスタッフトーク第3弾

 『ガンダム』シリーズ最新作となる映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』(公開中)の興行収入が10億円を突破した。また、8日から配布開始となる6週目入場者プレゼントが発表された。



【画像】6週目入場者特典のMS A5イラストシート(ガンダム)



 1979年に放送された『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」。放送以来、劇場版3部作でも描かれることがなかった異彩を放つ第15話は今も伝説のエピソードと呼ばれている。このエピソードが、ガンダムとアムロの物語『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙』の劇場公開から40年の時を経て、待望の映画化されたのが本作となる。



 7月8日の「RX-78-2 ガンダムの日」から配布開始となる6週目の入場者プレゼントがMS A5イラストシート2種(RX-78-02 ガンダム/ドアン専用ザク)に決定した(数量限定)。本作は、8週連続で入場者プレゼントが決定している。



 また、スタッフトーク第3弾の開催が決定。今回はここでしか手に入らない安彦良和監督描き下ろしのイラストカードを入場者特典として配布する。14日に東京・新宿ピカデリーで行われ、イム ガヒ(副監督)、田村篤(総作画監督・キャラクターデザイン)、金子雄司(美術監督)、安部なぎさ(色彩設計)、森田修平(3D演出)、桝田浩史(エフェクト作画監督)、福嶋大策プロデューサーが登壇する。
カテゴリ