「さくらさくみらい」各園で廃食油石鹸である「ヱスケー石鹸」を導入

「さくらさくみらい」各園で廃食油石鹸である「ヱスケー石鹸」を導入


保育所「さくらさくみらい」各園にて4月より順次、SDGsの取り組みの一環として環境改善を推進すべく、植物性由来の石鹸よりもさらに環境に配慮した「食用油の廃油」をリサイクルすることで生まれた「ヱスケー石鹸」の「あわぷくハンドソープ」の導入を開始した。

「ヱスケー石鹸」とオリジナルボトルを導入



また6月より、SDGsのロゴをあしらった、同社オリジナルデザインの「さくら先生・みらい先生」をあしらった、ボトルの導入も開始し、更なるSDGsの啓発に努めていくという。

ヱスケー石鹸の廃油リサイクル石鹸



「ヱスケー石鹸」とは、調理場などから排出される使用済みの植物性油を精製し、高純度な脂肪酸に再生することで生まれた、高品質なリサイクル石鹸。廃油独特のにおいもなく、手肌に優しいので敏感肌の人でも安心して使える。資源の再利用により環境改善に貢献するため、環境問題や社会貢献活動への関心が高いホテルや飲食店、企業事業所、官公庁、学校等のCSR活動の一環として広がり、現在、多数の企業等で採用されている。

「手洗い石鹸」から環境を見直す


同園では、従前より、家庭からの廃材を活用したおもちゃづくりなどの製作活動や、「もったいない」という考えをテーマとした絵本の読み聞かせ、食べ物の大切さについて学ぶ食育などを活動に取り入れてきた。日々の生活を通し、未来を担う子どもたちが当たり前のこととして、自身を取り巻く環境に関心をもてるよう取り組んできたという。

ウィズコロナが続く昨今では衛生管理への意識がこれまで以上に高まり、保育士や園児は手を洗う回数が増え・手洗い石鹸の消費量も多くなっている。ほんの小さなことでも個人の意識の積み重ねにより、環境保護やSDGsの促進ができるよう、まずは身近であり消費量の多い「手洗い石鹸」から環境を見直すこととし、「ヱスケー石鹸」導入を決定した。

更なるSDGsの啓発に努めていくという「さくらさくみらい」の今後にも注目してみては。

さくらさくみらい公式サイト:https://www.sakura-39.jp/index.php
カテゴリ