橋本環奈、ピンクボブの殺し屋役を振り返る「毎日、大勢の人を殺していました」

橋本環奈、ピンクボブの殺し屋役を振り返る「毎日、大勢の人を殺していました」

 俳優の橋本環奈(23)が6日、都内で行われた主演映画『バイオレンスアクション』(8月19日公開)の完成披露試写会ド派手ピンクカーペットイベントに登場した。



【動画】馬場ふみかのとんでもないNGシーンに爆笑した橋本環奈



 橋本は、主人公の最強ヒットガール(殺し屋)・菊野ケイを演じた。ド派手なピンク髪も話題となっているが、「ビジュアルから戦うことなんて想像できないゆるふわな女の子」と明かす。「どこにでもいるような学生にも関わらず殺し屋のバイトをして向かうところ敵なし」と振り返ると、「本当に強くて。撮影期間中、毎日、大勢の人を殺していました。『きょうは30人』と最初に言われるんですよ(笑)。毎日、体が痛くて大変な中、撮影したのを覚えております」と笑顔で撮影を懐かしんでいた。



 本作は、小学館「やわらかスピリッツ」で連載中の浅井蓮次と沢田新による同名漫画を実写映画化。ピンクのショートボブでゆるふわな“脱力系”女子・菊野ケイ(橋本)が日商簿記検定2級取得を目指し専門学校に通いながら、殺し屋(ヒットガール)のアルバイトもしている日常を描く。



 イベントには、そのほか杉野遥亮、鈴鹿央士、馬場ふみか、太田夢莉、城田優、高橋克典も参加した。

カテゴリ