太田夢莉、初アクションで大アクシデント寸前 城田優「いくらでも蹴ってください」

太田夢莉、初アクションで大アクシデント寸前 城田優「いくらでも蹴ってください」

 俳優の橋本環奈、太田夢莉、城田優が6日、都内で行われた主演する映画『バイオレンスアクション』(8月19日公開)の完成披露試写会ド派手ピンクカーペットイベントに登場した。



【動画】「城田さんの息子さんを…」城田優とのアクションシーン裏話を明かした元NMB48太田夢莉



 橋本は主人公の最強ヒットガール(殺し屋)・菊野ケイを、太田は凄腕スナイパーのだりあを、城田は髪を銀色に染め、体を鍛え、最狂の殺し屋・みちたかくんを演じた。撮影を振り返った太田は「初めてのアクションで下手くそ過ぎて、城田さんにたくさんご迷惑をお掛けした」と平身低頭。



 練習にも何度も付き合ってもらったそうで「飛び蹴りをして、お腹を蹴るシーンがあったんですけど、それがなかなか上手くいかなくて…。何度も城田さんの息子さんが危ない状況がありました…。すみませんでした」と謝罪し、城田は「いえいえ、とんでもない。いくらでも蹴ってください。全然いいんですよ」と大きな心で笑っていた。



 そんな城田は2人のアクションについて「こんなキレイな女性たちをイジめるのは大変ですよ」と苦笑い。そんなことを話しつつも「2人も身体能力が高い。めっちゃやりやすかったです」と称賛していた。



 そのほか、杉野遥亮、鈴鹿央士、馬場ふみか、太田夢莉、城田優、高橋克典も参加した。



 本作は、小学館「やわらかスピリッツ」で連載中の浅井蓮次と沢田新による同名漫画を実写映画化。ピンクのショートボブでゆるふわな“脱力系”女子・菊野ケイ(橋本)が日商簿記検定2級取得を目指し専門学校に通いながら、のアルバイトもしている日常を描く。

カテゴリ