鈴鹿央士、舞台あいさつで天然っぷり「見て帰ってもいいですか?」 MC荘口彰久が困惑

鈴鹿央士、舞台あいさつで天然っぷり「見て帰ってもいいですか?」 MC荘口彰久が困惑

 俳優の鈴鹿央士が6日、都内で行われた主演する映画『バイオレンスアクション』(8月19日公開)の完成披露試写会ド派手ピンクカーペットイベントに登場した。



【動画】「夢は世界一周」ファン悶絶!?天然発言で照れ笑いした杉野遥亮



 橋本環奈演じる菊野ケイのバイト先の殺し屋組織で、ケイに想いを寄せる渡辺役を鈴鹿は務めた。冒頭のあいさつで、鈴鹿は「この大きいスクリーンで『バイオレンスアクション』を見られるんですよね。スゴくうらやましい」と口にする。そして「見て帰ってもいいですか?」と確認し、MCを務めた荘口彰久は「私が決めることじゃないので…。なんと言えばいいのでしょうか…」と困惑した表情に。予想できない天然っぷりに、登壇者たちも思わず爆笑だった。



 そのほか、橋本環奈、杉野遥亮、馬場ふみか、太田夢莉、城田優、高橋克典も参加した。



 本作は、小学館「やわらかスピリッツ」で連載中の浅井蓮次と沢田新による同名漫画を実写映画化。ピンクのショートボブでゆるふわな“脱力系”女子・菊野ケイが日商簿記検定2級取得を目指し専門学校に通いながら、のアルバイトもしている日常を描く。

カテゴリ