【CHEF-1グランプリ】見取り図、シェフたちの背負うドラマに感動「負ける悔しさ、痛いほどわかる」

【CHEF-1グランプリ】見取り図、シェフたちの背負うドラマに感動「負ける悔しさ、痛いほどわかる」

 お笑いコンビ・見取り図が、世界に通用するシェフNo.1決定戦『ザ・プレミアム・モルツ presents CHEF-1グランプリ2022 サバイバルラウンド(以下CHEF-1)』の近畿エリアのアンバサダーに就任し、料理のすごさや、勝負の裏側にあるドラマについてコメントした。



【写真】スーツでビシッと決め、真剣な表情で審査に取り組む見取り図・リリー



 『CHEF-1』は、日本全国47都道府県の「チャンスをつかみたい!」「夢を叶えたい!」という情熱を持った若き料理人たちがシェフNo.1の称号を目指す大会。今年1月の締め切りまでに集まった総エントリー数461のシェフたちが、数ヶ月にわたりバトルを繰り広げる。



――『サバイバルラウンド』収録に参加してみていかがでしたか?



盛山 めちゃくちゃ緊張感のある雰囲気でしたね。スタジオも豪華で、セリ下がり(敗退したシェフを舞台下へと降ろす昇降装置)が3つもあって。出場されたシェフの方々もスゴい人たちばかりで、こんなにハイレベルやのに“まだ決勝じゃないんや!”って驚きですよ。



リリー みなさん人生を懸けているんだっていうのがひしひしと伝わってきました。



盛山 ホンマにそうで、ちょっとおふざけができない緊張感でした。これまでに味わったことのない料理ばかりで、僕は試食させていただいて「ウマい!」って連発していたんですけど、審査員の方々は、めっちゃ真剣に味わって、しかもたまに辛らつなことを言わはるんでね。僕がウソついてるみたいになって気まずかったです(苦笑)。でもウマくない料理なんてなかったよな?



リリー もちろん全部おいしかった。もうおいしいのは当たり前で。



盛山 だから、ものすごい次元のバトルなんやなって思いました。勝負もね、点数にしたら0.1点差くらいの微々たる差で、審査員の方もなんとか差をつけないとアカンので、めちゃくちゃ苦労されていたと思います。



――近畿エリアで印象的に残ったシェフについてお聞かせください。



リリー 「ラーメンの価値を高めたい」と出場した熊澤暢佑シェフは、ラーメンの業界では世界大会で1位(2017年ラーメン世界大会WORLD RAMEN GPファイナリスト、WEB部門1位)になったこともある方。コンテストで負けたら損になることもあると思うんですが、それでもラーメンのイメージを変えたいっていう熱い思いをもっていて、印象に残りました。



盛山 レゲエDJからラーメン職人に転職された熊澤さんね。試食したときに、卵料理なのにラーメンを食べているみたいな感覚だったんですよ。とにかく、すごくおしゃれな料理でした。



リリー それと、鳩の唐揚げを作った米田武史シェフは39歳で『CHEF-1』ラストイヤーなんです。僕は鳩を初めて食べたんですけど、“鳩ってこんなにおいしいんや”っていう感動をいただけたので、すごく感謝しています。



盛山 唐揚げで言うと、油を使わずに地鶏を揚げるというこれまた驚きの調理法を披露した高島伸シェフが印象に残ってますね。焼いていくと油がものすごい出てくる地鶏を使って、その地鶏そのものの油で唐揚げを作るというのは、目からウロコでした。それに、高島シェフは真剣な調理中のハズなのに、僕たちのコメントにもカメラ目線で応えてくれるお茶目な人柄もあって。ちょっとね『ワンピース』のサンジに似ていてイケメンなんですよ。



リリー それぞれのシェフに興味が湧いてくるし、応援したくなるよな。



盛山 そうやねん。あと、近畿エリアで紅一点の一之瀬愛衣シェフはこれまでにいろいろと修業を積んでおられるシェフで、「日本一のオーベルジュ(宿泊設備を備えたレストラン)を作りたい」っていうすごい夢をもっていて、応援したくなりました。



――「サバイバルラウンド」でお2人が感動したポイントってありましたか?



盛山 シェフが敗れた瞬間の表情はなんとも言えない気持ちになりますね。負けたシェフはセリ下がりでセットから降ろされるという演出なんですが、とあるシェフが思わず天を仰いでいたシーンは、めちゃくちゃ懸けていたものがあるんだなってひしひしと伝わってきました。



それと、負けたシェフが自分の出場していないバトルをモニターでずっと食い入るように見ていて、飽くなき料理への探究心も見てとれましたね。僕らで言うと、ライバルがウケているのを舞台袖で見ているような感覚というか。自分たちも『M-1グランプリ』にチャレンジしているので、リンクするものがすごくありました。『サバイバルラウンド』は『M-1グランプリ』でいうところのファイナリストを決める戦いです。ここで負ける悔しさは、痛いほどわかります。



リリー 僕がシンパシーを感じたのは清水和博シェフです。サバイバルラウンドで唯一のスペイン料理のシェフなんですが、幼い頃にお父さんを亡くして母子家庭で育ったそうで。僕も母子家庭で育ったので、自分に重ね合わせて応援していました。優勝賞金でお母さんに恩返しをしたいとおっしゃっていたのが印象的で、そんな思いを感じながら清水シェフが調理している姿を見ていたら感動しましたね。



盛山 そうやな。あと印象的やったんは、バトルの前に試食の審査順を決めるくじ引きのシーン。料理は作りたての状態で提供したいから、やっぱり1番を引きたいんやと思うんです。そんな中で、3番目を引いたシェフの関係者の方が、シェフ本人よりも悔しそうな表情をしていて。それを見たときに、料理を作るときはひとりやけど、いろんな仲間の思いを背負って出場しているんやと思って。料理に対して真剣に向き合っているシェフたちの真剣な戦いはもちろんなんですが、それぞれのシェフの方々が背負っているドラマにも注目していただきたいですね。



――そうしたドラマ性のある料理バトルで、お笑いとの共通点だと感じられた部分は?



盛山 『M-1グランプリ』は4分の戦い。その時間内に、発想やアイデアを注ぎ込んで勝負するんですが、今までやってきたことを出し切ったとしても認められなかったり、流れで結果が変わってしまったりするんですね。そういうところが共通しているかもしれないです。



リリー これまでにない料理を生み出すっていうのは、お笑いの新しい手法を発明するのと似ているかもしれないね。 



盛山 そんな発想があったか!っていう驚きの部分やな。漫才でいうと、たとえばぺこぱの“ツッコまないツッコミ”を見たときの衝撃みたいなね。「これをツッコミというのか!」っていうのと「これを唐揚げというのか!」っていうのが同じ感覚でした。“漫才か漫才じゃないか論争”などもありますが、“全部ひっくるめて漫才であり料理なんだ”っていう見え方もあって、おもしろかったですね。



リリー 新境地に真剣に挑みながらライバルたちと競い合うという部分は料理もお笑いも同じだと思いました。あとは、やっぱり“お客さんに喜んでもらいたい”ってことやと思うんです。『CHEF-1』では、料理を作る工程をじっくりと見ることができるので、お客さんに美味しく食べてもらうために、こんなにも工夫して、こんなにも思いを込めているんだというのが伝わってくるんですよね。



盛山 そうですね。食事は、作った人の思いも感じながらいただくもの、という感覚も改めて味わせてもらえました。お笑いではネタを作る過程は見せないので、その部分は料理とお笑いの違いかもしれないですが、作る過程を見せてもらえたことで、料理にも感情移入ができると思います。



――『サバイバルラウンド』近畿エリアの見どころは?



盛山 プロが料理を作る工程を最初から最後までじっくりと見たのは初めてでしたが、料理ができあがっていく過程がものすごく楽しいんですよ。制限時間のラスト数分になるまで完成形が見えないのも驚きでした。あんなにも凝った料理を30分や45分で作るなんて不可能やと思っていましたから。真剣バトルのスリリングな調理工程はぜひ見てほしいですね。



リリー スゴい手際で不可能やと思っていたことを可能にしてしまうシェフの料理する姿はすごくかっこいいのでぜひ注目してほしいです。あと、『サバイバルラウンド』は、エリアごとにそれぞれの地方で違う内容が同時放送されるのがすごいなと思います。地元シェフの格好いい姿を見て、ファンになって、全国大会で応援するのって、観ている側も力が入ると思うんです。ぜひ、推しシェフを見つけて、応援しながら楽しんでほしいですね。



『ザ・プレミアム・モルツ presents CHEF-1グランプリ2022 サバイバルラウンド』は、7月8日(金)夜11時15分~0時15分(静岡朝日テレビは午後11時45分~0時45分)各地で放送する。
カテゴリ