鈴木亮平、珍しい眼鏡姿にドヤ顔 『ハリポタ』感を「出してみました」

鈴木亮平、珍しい眼鏡姿にドヤ顔 『ハリポタ』感を「出してみました」

 世界的人気のファンタジー小説で映画版もヒットした『ハリー・ポッター』シリーズの舞台版『ハリー・ポッターと呪いの子』初日レッドカーペットイベントが8日、東京・赤坂のハリー・ポッターシアター(TBS赤坂ACTシアター)で開催され、鈴木亮平らが参加した。



【動画】レッドカーペットを歩き笑顔を見せる綾瀬はるか



 同舞台は、原作者J.K.ローリングが、ジョン・ティファニー、ジャック・ソーンとともに舞台のために書き下ろした『ハリー・ポッター』8番目の物語。小説の最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』の19年後が描かれ、ハリー・ポッター役は石丸幹二、向井理、藤原竜也のトリプルキャストで、本日8日開幕初日は藤原が担当する。



 レッドカーペットイベントには石丸幹二、向井理、綾瀬はるか、市村正親、井上尚弥、鹿賀丈史、鈴木が参加。珍しく眼鏡をかけて登場した鈴木は「ポッター感を出してみました」とにっこり。眼鏡姿は「意外といけるなと思いました」とドヤ顔だった。



■公演概要

期間:7月8日~2023年5月31日

会場:TBS赤坂ACTシアター

上演時間:3時間40分(予定) ※休憩あり

カテゴリ