舞台『ハリー・ポッター』開幕 観劇した綾瀬はるか・鈴木亮平ら演出に驚き「どういう仕組み?」

舞台『ハリー・ポッター』開幕 観劇した綾瀬はるか・鈴木亮平ら演出に驚き「どういう仕組み?」

 世界的人気のファンタジー小説で映画版もヒットした『ハリー・ポッター』シリーズの舞台版『ハリー・ポッターと呪いの子』初日公演後の取材会が8日、東京・赤坂のハリー・ポッターシアター(TBS赤坂ACTシアター)で開催された。



【動画】観劇後の取材でキュートな笑顔を見せる綾瀬はるか



 同舞台は、原作者J.K.ローリングが、ジョン・ティファニー、ジャック・ソーンとともに舞台のために書き下ろした『ハリー・ポッター』8番目の物語。小説の最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』の19年後が描かれ、ハリー・ポッター役は石丸幹二、向井理、藤原竜也のトリプルキャストで、本日8日開幕初日は藤原が担当した。



 公演後の取材会には、綾瀬はるか、市村正親、井上尚弥、鹿賀丈史、鈴木亮平、和田アキ子、香川照之、立川志らくが参加。和田はフォトセッション時に「杖あったでしょ?」と『ハリポタ』でおなじみの魔法の杖を持って「私は魔法じゃなくて魔術!」とニヤニヤしながら、観劇した感想は「すごいスケール感でした。魔法使いたいですね。私は悪い方に使っちゃいますけど」と笑いを誘った。



 鈴木は「すごかったですね! 魔法でしたね! なにがどうなって…浮いて…火は飛ぶは…びっくりして! 途中から(演出の)タネを探すのを諦めましたね。すみません、興奮して」と照れ。



 綾瀬は「本当に世界観に引き込まれて、不思議なことがたくさんあって、今は現実に戻った感じがします。いろいろと、あれはどうやって浮かんでいるんだろう? どういう仕組みなのだろうか?と、びっくりなことが多くて」と興奮し、「ちょっとテーマパークに来たようなワクワク感や、魔法や仕掛けがすごいので楽しんでもらえると思います。ぜひ、この夏に感情を揺さぶられに来てほしいです」と呼びかけた。



■公演概要

期間:7月8日~2023年5月31日

会場:TBS赤坂ACTシアター

上演時間:3時間40分(予定) ※休憩あり

カテゴリ