上白石萌音、大先輩・司葉子からの“君の名は”に「上白石と申します」 憧れも語る「かっこよくタバコ吸える女優に」

上白石萌音、大先輩・司葉子からの“君の名は”に「上白石と申します」 憧れも語る「かっこよくタバコ吸える女優に」

 俳優の司葉子(87)、上白石萌音(24)が9日、東宝創立90周年記念『東宝の90年 モダンと革新の映画史(1)』企画上映記念トークショーに登場。冒頭のあいさつでは、司が上白石を見やりながら「隣にいらっしゃる、かわいい…なんておっしゃっりましたっけ? 5回くらい聞いているんですけど」と笑顔で呼びかけると、上白石も「上白石と申します」と満面の笑みで応じた。



【全身ショット】なんてキュートな笑顔!白系の衣装まとい登壇した上白石萌音



 司が「本名なんですか? すごい本名ね」と続けると、上白石も「貴重な場にご一緒できて光栄です」と恐縮。この日は、司が出演した高度経済成長期の広告業界を舞台に、当時はまだ珍しかったキャリアウーマンを主役として描いた映画『その場所に女ありて』(1962年)が上映されることになった。



 司は、同作について「いきなり大人の世界の映画に入った感じでした。例えば、タバコを吸う、お酒を飲む、そういうやり手の女性を演じる。これが初めてでした」となつかしそうにコメント。同作を鑑賞したという上白石も「普遍性があって。何をされても品にあふれていらっしゃって、惚れ惚れしました。私もかっこよくタバコを吸える女優になりたいです。もし、そういうシーンがあったら、練習したいと思います」と健気に語っていた。



 上白石は、6月28日に新型コロナウイルス感染を発表し、今月7日に療養から復帰したことを報告。この日が、復帰後初の公の場となった。



 『東宝の90年 モダンと革新の映画史(1)』は、7月31日まで国立映画アーカイブにて行われる。
カテゴリ