古谷徹、νガンダムの背番号“93”背負いマウンドに「福岡ソフトバンクホークスは、伊達じゃない!」

古谷徹、νガンダムの背番号“93”背負いマウンドに「福岡ソフトバンクホークスは、伊達じゃない!」

 声優の古谷徹が、9日に行われた福岡・PayPayドームの対日本ハムファイターズ戦のセレモニアルピッチに登場した。



【動画】セレモニアルピッチに登場した『ガンダム』アムロ役の古谷徹



 12球団初となる実物大ガンダム立像とのコラボレーションを実施中。「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」に展示されている実物大ν(ニュー)ガンダム立像『RX-93ff νガンダム』も『鷹の祭典』使用になっている。この日、古谷が背負った背番号は93番は、νガンダムの型式番号RX-93と同じとなっている。



 投じた一球は惜しくもノーバウンドとはならなかったが、笑顔でマウンドを降りていた。「ブルペンで練習していた時は、笠谷投手からも熱心に教えていただいたので、バッチリだと思っていたんですよ。でもマウンドに立った瞬間、頭の中が真っ白になってどうすればいいのか…という感じだったんです」と振り返り、「最後の決めとしていた、審判の高さくらいを目がけ、投げないといけないということをすっかり忘れてしまい、ミットに向かって投げてしまった。それで2バウンドしてしまった。悔しい、ぜひもう一回やりたい!」と明かしていた。



 投球に点数をつけるならという質問には「全然ダメでした…。50点ってとこですかね…。マウンドからベースまで遠いと思っていたんですけど、笠谷投手に教わってからは届くかもと希望がわいたんですけど、緊張してしまったんですよね…。4万人近いお客さんがいたので、違いましたね」と語る。最後は「福岡ソフトバンクホークスは、伊達じゃない! もっと!もっと!もっと!盛り上げて、優勝目指すんだ!!」と激励していた。

カテゴリ