『バチェロレッテ・ジャパン』2 Ep2、男性2人がバチバチの火花 尾崎さんを奪い合う

『バチェロレッテ・ジャパン』2 Ep2、男性2人がバチバチの火花 尾崎さんを奪い合う

Amazon Prime Videoの婚活サバイバル番組『バチェロレッテ・ジャパン』のシーズン2の配信が7日から開始した。2代目バチェロレッテを務めるのは会社経営者の尾崎美紀さん(28/※崎=たつざき)。尾崎さんはForbes誌が発表した『Forbes 30 Under 30 Asia』でアジアを代表する“世界を変える30歳未満の30人”の起業家に選ばれるなど、今注目のカリスマ経営者でもある。そんな彼女が「真実の愛」をめぐる旅で運命の相手を探す。ORICON NEWSでは、現在エピソード3まで配信されている中から、いよいよデートがスタートしたEpisode2をプレイバックする。※以下、ネタバレを含みます。



■尾崎さんからサプライズローズを渡されたのは…ロマンチックな2ショットデートへ



 引き続きチェンマイを舞台に、男性メンバーと尾崎さんは絆を深めていく。エピソード2ではまず、男性が7人ずつの2チームに分かれて、尾崎さんとのランチデートをかけたボートレースを行った。チーム編成は、尾崎さんが事前に指名した2人をリーダーとし、各リーダーが残ったメンバーから交互に指名するというものだ。



【動画】『バチェロレッテ』新シリーズのイケメン17人が集結! “バチェロレッテ”尾崎美紀の不在を笑いに変えたナイナイ岡村



赤チームはリーダーの小出翔太さん(33)を筆頭に田村一将さん(33)、佐藤マクファーレン優樹さん(28)、ジェイデン トア マクスウェルさん(26)、山邊玲音さん(30)、美留町恭兵さん(36)、加藤友哉さん(24)。そして青チームは、長谷川恵一さん(36)をリーダーに、中道理央也さん(24)、澤井一希さん(25)、平山大さん(30)、佐藤駿さん(30)、阿部大輔さん(40)、高橋航大(※高=はしごだか)さん(22)というチーム編成でレースがスタート。尾崎さんはこのレースで「チームで1つのことを達成する気持ちや、大変なことをどう乗り越えるか」を見ているという。熱戦の末、勝者は長谷川さん率いる青チームに決まる。7人はグランピング場で尾崎さんとお昼ご飯を食べつつ会話を楽しんだ。



 さらにこのグランピングに参加したメンバーから一人は、タイで最も美しいとされているロイクラトン祭りを1on1デートで楽しむことができるという。ここで尾崎さんがサプライズローズと共に選んだのは、長谷川さんだった。尾崎さんはかなり長谷川さんに好印象を抱いている様子。実はグランピング中、各々が尾崎さんへのアプローチに夢中のときに、長谷川さんはただ必死にBBQの準備をしてみんなのためにソーセージや野菜を焼いていたのだ。こうした視野の広さや気遣いが尾崎さんのハートを射止めたのだろう。



 ロイクラトン祭りに到着した二人は、幻想的な景色の中で「運命の人と巡り合って旅を終える」ことを祈りつつランタンを飛ばす。長谷川さんは相変わらず奥手ではあるものの、じっくりと誠実な態度で尾崎さんへの想いを伝えていた。一方の尾崎さんも楽しそうな笑顔を見せる。このときのインタビューで尾崎さんは「きゅんとしました」「恋しかけている」と話しているだけに、長谷川さんは一歩リードしているといっていいだろう。初回から、ほとんど話していなかったにも関わらずローズをゲットするなどチャンスが続いている長谷川さん。後半にかけてさらにギアを上げていけるのかにも注目だ。



■ナインティナインとSHELLYも賞賛の行動



 そして翌日、一同はアート、アニマル、ディナーの3つのスポットを巡るデートに参加することに。このデートに選ばれるのは各スポット1人。尾崎さんは事前にそれぞれの場所に一緒に行きたい相手を決めているものの、バチェロレッテが望んだ場合にのみ次の相手にチェンジせずにデートは継続される。一番目のスポット「アート」に指名されたのは美容師兼画家の美留町さんだ。2人は真っ白なゾウの置物にペイントを施しながら、お互いの家族について話す。とてもいい雰囲気に見えたものの、このデートは継続には至らなかった。



 続く「アニマル」デートでは赤チームのリーダーも務めた小出さんが誘われる。2人はゾウの餌やりを楽しんだ後にゾウが水浴びをする川辺に向かった。このときゾウにやや恐怖心を抱く尾崎さんを気遣った小出さんは、自然と手を伸ばしエスコートをする。スマートな対応が尾崎さんの心を掴んだのか、小出さんは継続してディナーデートまで進むことが決定した。



 一方、待機場所にいる男性メンバーの中でショックを受けていたのが阿部さんだ。実はこの時、「ディナー」デートに進むはずだった人の名前が公表され、それが阿部さんだったのだ。惜しくも阿部さんはここでチャンスを逃すこととなる。



 そして「ディナー」デートが終わると、待ちに待ったカクテルパーティーが開かれた。ここで一番に尾崎さんを誘ったのはジェイデンさん。その後も尾崎さんは多くの男性に声をかけられるが、マクファーレンさんが順番待ちをしているところに中道さんが割って入ってしまい、一気に険悪ムードに。マクファーレンさんと中道さんは尾崎さんに「どちらか選んでほしい」と迫るが、尾崎さんは途方に暮れてしまう。するとそこで小出さんが登場し、冗談めかして、「今のあいだにちょっとだけ(僕としゃべろう)」と尾崎さんの手を引いて連れ去ってしまった。これにはマクファーレンさんと中道さんも笑いだしてしまい、険悪ムードは解消。尾崎さんも困っていたところを救われた形になった。さらに二人の間の順番が決まってマクファーレンさんが尾崎さんのもとを訪れると、小出さんはサッと場所を譲る気遣いも見せる。この一連の小出さんの行動には、スタジオMCのナインティナイン(岡村隆史、矢部浩之)とSHELLYからも賞賛の声が上がる。



 いよいよ、二回目のローズセレモニーが行われる。今回用意されたローズは11本。すでに長谷川さんがサプライズローズをもらっているため、13人の男性が10本のローズを奪い合うこととなる。この日の脱落者は、尾崎さんに対して「素を見せていないように見える」と詰めた佐藤さん、まだ大学生の高橋さん、タクシードライバーの平山さんだった。高橋さんは別れ際に「5年後、10年後に胸を張って会えるように、もっと男を磨いて、またお会いできる日を楽しみにしています」と涙ながらに語る。学生というフレッシュな魅力があるものの、尾崎さんにとってはそこがネックになっていた可能性も感じられた。



 次回は度胸試しのクリフジャンプが待っている。さらに尾崎さんが「話したい」と誰かを呼び出した様子。まだまだ何が起こるかわからない『バチェロレッテ』シーズン2から目が離せない。(文/Nana Numoto)
カテゴリ