内田理央が手掛けるプロジェクト『偏愛倶楽部』 第1弾コラボ発売決定、テーマは春画

内田理央が手掛けるプロジェクト『偏愛倶楽部』 第1弾コラボ発売決定、テーマは春画

 モデルで俳優の内田理央が発信するプロジェクト『偏愛倶楽部』が誕生し、第1弾となるコラボレーション「偏愛倶楽部×中嶋峻太」の発売が11日、決定した。



【写真】個性あふれるデザイン!「偏愛倶楽部×中嶋峻太」Tシャツ



 『偏愛倶楽部』は、2020年12月にスタートしたWWD JAPANでの連載「内田理央、本気でTシャツビジネスに挑む」を通して学んだことをベースに、内田が偏愛するものをファッションに落とし込んだプロジェクトで、約2年半の構想を経て今回の実現に至った。



 「偏愛倶楽部×中嶋峻太」のテーマは春画。WWDでの対談をきっかけに、内田と中嶋が偏愛する「春画」をテーマに、3種類のTシャツ(カラー:WHITE/BLACK)を展開する。中嶋がデザイナーを務めるALMOSTBLACKでは「縁起物」をテーマに扱うことが多いが、今回の「春画」も縁起物として扱われてきた過去がある。「勝絵」や「笑絵」などさまざまな意味が込められた「春画」をファッションとして身にまとうことができる内田と中嶋のコラボレーションらしい斬新なアイテムだ。



 また、今回の発売を記念して、今月16~18日の3日間、東京・MIDWEST渋谷にてPOP UPを開催することが決定。オンラインストアでの販売は、19日正午からスタートする。



 『偏愛倶楽部』公式オンラインストアでは、Tシャツ制作秘話やこだわりのポイントを掘り下げた「内田理央×中嶋峻太 スペシャルインタビュー」を掲載している。
カテゴリ