ENHYPEN、K・TAKIら『&AUDITION』デビュー組4人と1年ぶり感動の再会

ENHYPEN、K・TAKIら『&AUDITION』デビュー組4人と1年ぶり感動の再会

 BTSの所属レーベル・BIGHIT MUSICなどを保有する韓国の大手芸能事務所HYBEの日本本社傘下「HYBE LABELS JAPAN」によるグローバルデビュープロジェクトのオーディション番組『&AUDITION - The Howling -』第1話が、9日からオンライン動画配信サービスHuluで配信がスタートした。



【写真56点】イケメンぞろいの『&AUDITION』参加者15人が“初来日”



 『&AUDITION』に参加するのは、2020年に7人組ボーイズグループ・ENHYPENを輩出したオーディション『I-LAND』を経験し、すでにデビューが決定しているK(ケイ)、NICHOLAS(ニコラス)、EJ(ウィジュ)、TAKI(タキ)の4人と、練習生のFUMA(フウマ)、HAYATE(ハヤテ)、JUNWON(ジュンウォン)、YUMA(ユウマ)、GAKU(ガク)、JO(ジョウ)、HIKARU(ヒカル)、HARUA(ハルア)、MAKI(マキ)、MINHYUNG(ミニョン)、YEJUN(イェジュン)の11人。



 第1話のオープニングには、BTSの生みの親として知られるHYBEのパン・シヒョク議長が登場し、『&AUDITION』にかける想いや、参加者たちにメッセージを語りかけた。



 続いて、ENHYPENがサプライズ登場。『I-LAND』で苦楽をともにしたデビュー組4人と1年ぶりに再会を果たし、喜び合う姿は視聴者の感動を誘った。アーティストとしては先輩となるENHYPENが、“愛嬌”について4人にアドバイスするなど貴重なシーンが見られる。



 そして、デビュー組4人と練習生11人がついに初対面。期待と緊張が入り交じるなかで初めて参加15人全員がそろい、得意のダンスやものまねなど、個性豊かなアピールで親睦を含めていく。



 1stラウンドでは、シグナルソング「The Final Countdown」を15人全員でパフォーマンスする団体ミッションに挑戦することが明らかに。経験の違いや実力の差、ハプニングを乗り越え、全員で1つの「&」になれるのか。



 また、どのようにデビューが決まっていくのか、その全貌も明らかに。デビュー組にとっても衝撃的な内容となり、緊張感が高まるなか、初めてのステージパフォーマンスを披露する。



 13日には日本テレビで、応援番組『&AUDITION』(毎週水曜 深0:59 ※関東ローカル)の放送がスタート。MCは木村昴と辻岡義堂アナウンサーが担当する。第2話は16日午後1時30分よりHuluで配信開始。2ndラウンドで新たなミッションに挑戦する。
カテゴリ