これが“ケーキ”だなんて信じられない!とっておきの日には、芸術作品みたいな「Queenie cake」を贈りたい


誕生日や記念日などを素敵に彩る「ケーキ」。



自分のために用意するものも含め、どんなケーキもきっと、“大切な相手のしあわせを願って贈るもの”ですよね。



想いを届ける特別な1台をお探しなら、「Queenie cake(クイーニー ケーキ)」におまかせあれ。



ケーキ作家のYuri Nambaさんが手がける唯一無二の美しいケーキは、きっとあなたの想いを素敵に表現してくれるはずです。



元ブライダルパティシエが手がける「Queenie cake」



Queenie cakeのケーキ
@queeniecakecouture / Instagram



元々はブライダルパティシエとして、年間約130台ものウエディングケーキを作っていたというYuri Nambaさん。



結婚式のテーマや、当日の装花・衣装、そして新郎新婦2人の持つ雰囲気を踏まえてケーキを作ることが、とても好きだったんだとか。



そこから、「一生に一度のウエディングケーキだけでなく、毎日の中にある大切な日にもケーキを届けたい」と思ったのがきっかけで、「Queenie cake」を始めることになったといいます。



大切にしているのは“実際にケーキを見たときの感動”



Queenie cakeのケーキ
@queeniecakecouture / Instagram



Queenie cakeのコンセプトは、「シンプルながら余韻の残るデザイン」「完全さと不完全さのバランス」、そして「時代にとらわれず美しいもの」。



写真からすでにうっとりしてしまうほどの出来栄えですが、実はNambaさんが本当に大切にしているのは、“写真にどう映るか”よりも、“実際にケーキを見たときの感動”なのだといいます。



ただ“写真映え”する仕上がりにこだわるのではなく、実際に贈った人と受け取った人の両方が、そのケーキを通じて喜びを共感してほしいという想いがあるのだそう。



バタークリーム、生クリーム、スポンジ…おいしさへのこだわりもピカイチ



Queenie cakeのケーキ
@queeniecakecouture / Instagram



あまりの美しさに、ついついビジュアルにばかり目がいってしまうQueenie cakeのケーキですが、味と質へのこだわりも見逃せません。



ケーキ表面には使われているのは、軽い口溶けとミルキーな味わいを追求した自家製バタークリーム。



独特の重さを感じることなく、最後までおいしく食べてもらえるよう、また、冷えた状態でも生クリームと同じタイミングの口溶けになるよう、何度も試作を繰り返し開発したといいます。



Queenie cakeのケーキカット
@queeniecakecouture / Instagram



スポンジ生地の間2カ所には、コクのある北海道産の純生クリームをサンド。2層の組み合わせは、『フランボワーズとピスタチオクリーム』や『紅茶クリームに洋ナシのサンド』など、いくつかのバリエーションが用意されています。



そしてケーキの土台となるスポンジ生地は、生クリームとバタークリームをおいしく繋げる、大事な役どころ。米粉を使用したシフォンスポンジは、しっとりと風味豊かに仕上がっているそうです。



バタークリームと生クリーム、そしてそれをつなげるシフォン生地。



この3つの素材を食べた時の“おいしい一体感”にこだわって丁寧に作られたケーキは、ひと口食べるごとにしあわせを感じられるはず。



デザイン指定からフルオーダーまで自由に注文できちゃう!



Queenie cakeのオリジナルデザインケーキ「ボタニカル」
@queeniecakecouture / Instagram



Queenie cakeが気になった方は、まずはお好みのデザインを16種類から選べる「オリジナルデザインケーキ」をチェックしてみて。価格は種類にもよりますが、1台税込5600円〜6300円ほどです。



例えば、お花をモチーフに描かれた「ボタニカル」(税込6300円)は、その名の通りお花をモチーフとしたデザイン。



色味と質感に変化を持たせながら、ニュアンスのある雰囲気に仕上げられています。



Queenie cakeのオリジナルデザインケーキ「セビリア」
@queeniecakecouture / Instagram



こちらは、ブルーグレーのクリームに、鮮やかなオレンジのエディブルフラワー(食用花)を飾った「セビリア」(税込6300円)。



クリームにはクッキークラムが混ぜ込まれています。爽やかな色合いが、今の時期にぴったりですね。



Queenie cakeのオリジナルデザインケーキ「スイレン」
@queeniecakecouture / Instagram



モネの絵画『睡蓮』がモチーフとなった「スイレン」(税込6700円)は、ケーキとは思えないほどの芸術的な仕上がりにびっくり!



アンティーク調の額縁ディテールも相まって、もはやこれはアート作品の領域といえそうです…。



Queenie cakeのオートクチュールケーキ
@queeniecakecouture / Instagram



素敵なデザインにほんの少しオリジナリティをプラスしたいなら、「セミクチュールケーキ」をお願いするのもアリ。「オリジナルデザインケーキ」をベースに、各ケーキの価格にプラス1200円で、色味やイメージを調整してもらえるんです。



1からオリジナルで作り上げたいなら、ぜひ「オートクチュールケーキ」(税込8900円~)を選んでみて。



どんなシチュエーションで、どんな相手へ、どんな想いを伝えたいのか…。Nambaさんがそうしたストーリーをヒアリングして、デザイン画を描くところから製作してくれる、とっておきのプランです。



焼き菓子も展開されるみたい



Queenie cakeのオートクチュールケーキ
@queeniecakecouture / Instagram



これからもシーズン毎に、新しいデザインケーキを展開する予定だという「Queenie cake」。今後はさらに、ちょっとしたプレゼントにも喜んでもらえる焼き菓子なども販売予定だといいます。



何気ない日常の中で訪れる“特別な1日”。



大切な人への大切な想いを丸ごと全部届けたいとき、素敵なケーキにちょっと力を借りてみてはいかがですか?



Queenie cake Instagram

@queeniecakecouture



Queenie cake オンラインショップ

https://queenie.shop-pro.jp/



カテゴリ