『NARUTO』展示イベント7年ぶり開催 アニメ放送20周年記念で特別な作品の上映も予定

『NARUTO』展示イベント7年ぶり開催 アニメ放送20周年記念で特別な作品の上映も予定

 アニメ『NARUTO-ナルト-』放送開始20周年を記念した展示イベント『アニメ「NARUTO-ナルト-」20周年記念 NARUTO THE GALLERY』が、12月10日から2023年1月31日まで、東京・秋葉原UDX内のAKIBA_SQUAREにて開催されることが12日、発表された。2015年に開催された『NARUTO-ナルト-展』以来、約7年ぶりの展示イベントになる。



【写真】展示あるかも?すげぇ…!『NARUTO』作者が描き下ろした大坂なおみ選手の似顔絵



 イベントでは、キャラクターの成長、仲間との絆、そして熱い“戦い”にフューチャーし、たくさんのアニメ映像で、アニメ『NARUTO-ナルト-』の歴史を振り返るほか、大型スクリーンによる迫力の映像や多面モニターによる演出、話題の映像アーティストとコラボレーションした特別な作品の上映も予定している。



 描き下ろしイラストを使ったオリジナルグッズも販売予定で、入場チケットは9月中旬より販売開始予定。「週刊少年ジャンプ」誌上にて、1999年から2014年まで連載された「NARUTO-ナルト-」。



 同作は、主人公の忍者うずまきナルトが、ライバルとの死闘や過去の因縁を乗り越えて、木ノ葉隠れの里の長・火影を目指すストーリー。原作漫画は『週刊少年ジャンプ』にて、1999年から2014年まで連載。コミックスは72巻まで刊行し、国内累計発行部数は1億5300万部以上で、その人気は国内にとどまらず海外46以上の国と地域で流通し、海外累計発行部数は9700万部以上の世界的作品となっている。



 2002年からテレビ東京系列にてアニメの放送がスタート。2007年からは『NARUTO-ナルト- 疾風伝』として2017年3月まで放送し、今年の10月にはテレビ放送20周年を迎える。劇場版アニメも11作公開し、ゲーム、グッズ、展覧会や2.5次元ミュージカル、音楽フェス、歌舞伎など展開は多岐にわたる。
カテゴリ