【『今日好き』小夏編カップルインタビュー】Vol.1 ゆいな&はると「もう全部がキュンキュン!」

【『今日好き』小夏編カップルインタビュー】Vol.1 ゆいな&はると「もう全部がキュンキュン!」

 ABEMAの人気オリジナル恋愛番組『今日好き』シリーズの最新作『今日、好きになりました。小夏編』が最終回をむかえた。ORICON NEWSでは、見事カップル成立となったゆいなとはると(大木遥翔)にインタビューを実施。ずっとゆいなを思い続けてきたはるとの心の内から、キュンキュンしっぱなしのゆいなの本音までたっぷり話してもらった。



【動画】ワイワイ!ラブラブ“ゆいはる”インタビューの模様



■ゆいな「もう全部がキュンキュン!」 はると「一緒にいて一番楽しい」



――カップル成立おめでとうございます。お二人は初虹編でも一緒でしたね。久しぶりに再会した時の印象を教えてください。



ゆいな:「めっちゃビジュいい」(ビジュアルがいい)です。「めっちゃビジュいい、カッコいい」と思うと同時に「あれ?こんなにカッコよかったっけ」とも思いました。そのルックスで、「ゆいに会いにきました」と言ってもらえて、うれしかったですね。これはもっとはるととしゃべらないとあかんなと思いました。それが今回の第一印象です。



はると:僕は、再会してやっぱ好きだと感じましたね(笑)。



――久しぶりに会って、ギャップはありましたか?



はると:ギャップというか、嫉妬(しっと)はありました。僕は一日目にいなかったので。



ゆいな:一日目の夜にはるとからLINEが来て、二日目からはるとが合流したんです。ゆいは一日目にはると以外に気になる人がいたので、嫉妬したんだよね。



――今回の小夏編でお互いのことを明確に好きだと確信した瞬間があれば教えてください。



ゆいな:3話で、グループ行動に分かれる時の三択を当ててくれたことですね。ゆいのことをわかってくれているなと思って。当ててくれたこと自体もうれしかったですし、その後に一緒にやったジップラインのときも、めっちゃ楽しくしゃべれました。初虹編では、はるとは全然しゃべってくれなくて、口数が少なかったんですよ。でも小夏編のジップラインでは進んでしゃべってくれて、むちゃうれしかった! 楽しかったです。



――はるとさんはずっとゆいなさんを想っていましたが、ここまで夢中になれたきっかけはありますか?



はると:第一印象の時に感じた「気になる」から、ずっとジワジワ好きになっていきました。でも大きなきっかけは、初虹編でのおんぶですかね。そこで一緒に盛り上がれたのに、最後に気持ちが届かなくて。小夏編では三択を当てることができて、そこで話が弾んだので好きな気持ちが増しました。



――はるとさんは、三択を当てられる自信はあったのでしょうか。



はると:ゆいなが動物が好きだというのはわかっていたので、はじめは「コアラかな」と思っていました。でも初虹編を思い返してみると、ゆいなはアクティブなところがあったので、ジップラインも好きかなと。自分を信じて選んだら、当てることができました!



――ここで当てるのは、お互いにかなり難しかったのではないでしょうか。



ゆいな:三択あって、絶対にパンケーキを選ばないことはわかっていたのですが、残りの2択を絞りきれなくて。「これはやばい!」と思って焦りましたね。最後は自分の好きなところへ行こうと思って、好きなことを選んだら、そこにはるとがきてくれて。よかったよね!



はると:よかった!



――今回は告白が女子からでした。はるとさんはカップル成立する自信はありましたか?



はると:いや、正直、不安でしたね。一日目がどんな感じだったのか、わからない状態のままだったので、半々くらいの自信でした。でも進んでいくうちに、ゆいなが自分を想ってくれているのがわかったので、だんだん自分に自信を持てたかと思います。



――ゆいなさんは最後の方まで「迷っている」と言っていましたね。「私、告白に行くよ」と伝えなかった理由があれば教えてください。



ゆいな:はっきりと告白の気持ちが決まったのは、最後のそり滑りからだったんです。そり滑りで、はるとがキュンキュンワードをたくさん言ってくれたことが決め手でした。コタロー(蓮池虎太郎)とは、やっぱり友達。だってコタローの前では、自分のしゃべり方が「乙女ゆいな」じゃないなと思ったので。はるとのときは「乙女ゆいな」なんですよ。だからコタはやっぱり友達だな。



――では、はるとさんに一番キュンとしたことは?



ゆいな:ジップラインでヘルメットを外してもらったときです。たぶん自分でも外せたのですが、はるとが外してくれるかなと思ってちょっと甘えてみました。



はると:苦戦していたので、僕がやってあげようかなと思いました。



ゆいな:はるとは、ゆいが「気付くかな?」と思ってやっていることにいつも気付いてくれるんです。言って欲しい言葉も言ってくれるんですよ。 



――はるとさんが、ゆいなさんに対して一途でいられた理由はなんだったのでしょうか?



はると:やっぱり初虹編のときの思い出も含めて楽しかったですし、一緒にいて一番楽しかったので、忘れられなかったという感じですね。



■目指すは理想のカップル「みんなに憧れてもらえるように」



――改めてお互いの好きなところを、それぞれ教えてください。



ゆいな:毎日「かわいい」って言ってくれるところ。ベタ惚れやしめっちゃ褒めてくれるので、女の子らしくいようって気持ちになれるんです。可愛くなろうというモチベーションになるので、そこが好きかな。あと優しくて、ゆいのことをわかってくれている。あと頭の回転も速いんですよ。



はると:一番は、ツンツンに見えて夜になるとデレるギャップですね。「好き」って言葉を求めてくるんですよ。言わせたいのかな、と思うことはあります。



ゆいな:それを言ってもらっています。はずかしい(笑)。



――これから二人で行きたいところはありますか?



はると・ゆいな:せーの、「ユニバ!」



ゆいな:それからディズニー。あと夏祭り! 実際に行こうって話をしています。ゆいが大阪から群馬に行って、群馬のお祭りに行こうと思っています。逆にユニバは大阪に来てもらおうかな。



はると:制服のうちに行きたいね。



ゆいな:うん、そう。高校を卒業して制服がコスプレになると、やっぱり何かちょっと違うやんな。だから自分が高校生の時に行きたいんです。まだ彼氏と制服でテーマパークに行ったことがないので、制服ディズニーも行ってみたいですね。



はると:王道のミッキーとミニーのカチューシャとか付けたいよね。



――『今日好き』の放送を二人で観ることもありますか?



ゆいな:電話をつなげて、リアルタイムで放送を観ています。終わったら「インスタライブ行ってくるね」と言って配信をするのですが、私たちが付き合っていることをまだみんなが知らない感じがいいですね(笑)



――お互いの知らないところでの行動を『今日好き』で観て、やきもちを焼いてしまったりしませんか?



ゆいな:ゆいはすごいしますね。



はると:僕も。



ゆいな:えっ? はるとは、やきもち焼いたとは言っていたけど、全然焼いていなさそうな雰囲気だったから、びっくり。



はると:僕がずっと好きだった間に、ゆいなには皐月編もあって頭ポンポンされていたり。嫉妬しましたね。「カップル成立するな!」と思っていましたもの(笑)。小夏編は、ゆいに会いに行く気持ちで参加したんです。



――これからどんなカップルになりたいか、教えてください。



ゆいな:みんなに憧れてもらえるようなカップルです。ラブラブカップルで、見ていて笑顔になってもらえるようなカップルになりたいですね。



はると:そうですね、理想のカップル。



――最後に小夏編の視聴者の方にメッセージをお願いします。



ゆいな:小夏編、見てくれましたか?



はると:無事成立できたので、これからも応援よろしくお願いします。



ゆいな:一生キュンキュンさせてもらいます。やっと『今日好き』を卒業できました。……じゃあ、みんなが聞きたいあれをやりたいと思います。



はると・ゆいな:せーの、「はじめまでーす!」。
カテゴリ