小沢仁志、どすをバットに変え高校球児役「“顔面ボール”と呼ばれてた」 制服姿で『ビー・バップ・ハイスクール』オマージュも

小沢仁志、どすをバットに変え高校球児役「“顔面ボール”と呼ばれてた」 制服姿で『ビー・バップ・ハイスクール』オマージュも

 俳優の小沢仁志(60)が12日、都内で行われた映画『野球部に花束を』(8月11日全国公開)先行上映会舞台あいさつイベントに登壇。“Vシネマの帝王”、“顔面凶器”の異名を持つ小沢が、まさかの高校球児役を務めることになった心境を語った。



【集合ショット】黒のシックなスーツ姿で登場した黒羽麻璃央、醍醐虎汰朗ら



 「強面の上級生役」と紹介されて登場した小沢は「役名じゃねえじゃん。俺出てた?(笑)」とツッコミ。「このフレッシュな顔ぶれで、俺ここにが立っているのが違和感ありますが、どこに出ていたのかみなさん探してみてください」と笑いを誘った。



 飯塚健監督は、初めて制服を着てくださいとお願いするときに、「ぶっ飛ばされんじゃないかと思いましたが、快くどすをバットに変えてくださったのでよかったなと思います」と出演を依頼した際の心境を明かす。



 映画では、『ビー・バップ・ハイスクール』のオマージュもあったといい「50代最後の作品がよりによって学生の役。学生服に着替えてくれって言われて、詰め入りは着たことあったけどブレザー初めてでさ(笑)。高校生なのかなあれ?」と自信なさげに語り、「顔面しか出てないもん。最近さ、“顔面凶器”って言われるけど、最初“顔面ボール”だったんだよ。それからいつの間にか“凶器”に変わって、今なんて言われているか知ってる?“顔面兵器”だってよ。人の顔なんだと思っているんだよな」といじられることへ不満を漏らしていた。



 同イベントにはそのほか、醍醐虎汰朗、黒羽麻璃央、三浦健人、高嶋政宏(高=はしごだか)が登場した。



 同作は『ドラフトキング』『べー革』など、多くの傑作野球漫画を発表してきたクロマツテツロウの同名漫画を実写化。古い倫理観や理不尽が蔓延(はびこ)っていた暗黒の時代昭和・平成を経て、個人の尊厳が守られ自由で解放的な令和になったはずが、コンプライアンス全無視の鬼監督と後輩を奴隷のように扱う先輩部員たちで構成された野球部には、時代錯誤なんて関係ないと言わんばかりの、圧倒的理不尽で全く自由ではない実態が…。不思議と、どの世代でも思わず「あるある」とうなずきたくなる共感度120%の青春エンターテインメント。
カテゴリ