Facebook Japan、気軽にSDGsアクションに取り組めるARフィルター『ポイトリ』を発表

Facebook Japan、気軽にSDGsアクションに取り組めるARフィルター『ポイトリ』を発表


Facebook Japanは、7月7日(木)に「コミュニティマッチングプログラム on Facebook」成果発表会を開催し、海と陸でクリーン活動を行うコミュニティ同士のマッチングによって生まれたARフィルター『ポイトリ』を発表した。

同発表会では、「コミュニティマッチングプログラム on Facebook」に参加した「世界ゴミ拾い習慣化軍団~世界一清潔な日本の文化を広げよう~」、「宮古の海をキレイにし隊」のコミュニティの代表者が登壇し、「SNSを活用した“ゴミ拾い”の未来」をテーマにトークセッションが行われた。

2022年4月に発足した同プログラムは、同じ目的を共有するコミュニティがつながることで、個々のコミュニティの可能性を広げ、時には活動体を大きくすることを目的とするFacebook Japanの新しいコミュニティ支援の取り組み。

同プログラムの活動の中で、2つのコミュニティが抱える“ゴミ拾い”に対する課題が議論され、「ポイ捨てされているゴミを減らしたい」という共通した目標を達成する新しい仕掛けとして、ポイ捨てゴミに関心を高めるきっかけを作るARフィルター『ポイトリ』が制作されたという。

ARフィルター『ポイトリ』について



FacebookやInstagramのストーリーズ機能で使用できる『ポイトリ』は、ポイ捨てゴミを“モンスター”に見立てて名前や発見場所、エピソードなどといっしょに投稿できるARフィルター。

撮影後はハッシュタグを付けて投稿することで、『ポイトリ』で作るゴミモンスター図鑑のFacebookグループアルバムに順次格納され、図鑑のデータをつくることができる。

普段見て見ぬ振りをしてしまうポイ捨てゴミに注目する機会を提供することで楽しくクリーン活動に参画し、SDGsアクションに取り組むきっかけをつくることができる。

SNSをゴミを拾う人を増やすツールに


成果発表会では、「世界ゴミ拾い習慣化軍団~世界一清潔な日本の文化を広げよう~」キャプテン・皆倉慶彰氏、「宮古の海をキレイにし隊」隊長・井上美香氏が登壇し、「SNSを活用した“ゴミ拾い”の未来」をテーマにトークセッションが実施された。

今後は『ポイトリ』を使って撮影したゴミモンスターを、「コミュニティマッチングプログラム」のFacebookグループ内のアルバムに集めて、図鑑として一覧化する予定だという。

皆倉慶彰氏は“図鑑にすることで、子どもたちにも興味を持ってもらえると思うので、夏休みの自由研究などで親御さんといっしょに楽しみながら、ポイ捨てゴミに関心を持っていただけると嬉しいです”と話している。

また、井上美香氏は、“図鑑にたくさんのゴミが登録されたら、ユニークなゴミモンスターを決定する『ポイトリグランプリ』のようなイベントを開催できたらと考えています。宮古島はエコアイランドなので、島ぐるみでゴミ問題に関心を持つ人を増やしていけたらいいなと思っています”と展望を語った。

『ポイトリ』で作るゴミモンスター図鑑:https://www.facebook.com/groups/poitorizukan
カテゴリ