オズワルド伊藤、蛙亭イワクラとの交際認める「愛しています」 双方が堂々の交際宣言

オズワルド伊藤、蛙亭イワクラとの交際認める「愛しています」 双方が堂々の交際宣言

 お笑いコンビ・オズワルドの伊藤俊介(32)が、13日深夜放送のTBSラジオ『ほら!ここがオズワルドさんち!』(毎週水曜 深0:00)に出演。蛙亭のイワクラ(32)との交際報道について、事実だと認めた。



【写真】1週間前…熱愛報道直後に”イチャイチャ”するオズワルド伊藤&蛙亭イワクラ



 この日の放送は、相方・畠中による2人の交際を伝える『FLASH』誌面の朗読からスタート。伊藤は「まず、先週発熱でお休みして、ごめんなさいね」と謝罪すると、畠中が引き続き誌面を読み上げ、伊藤は「関係者って、誰なんだ。そんなこと言ってない」とツッコミを入れながら「順を追って、しゃべらせてもらっていいですか?」と呼びかけた。



 畠中は「あなたは、聞かれたことだけ話せばいいんですよ」とさとすように呼びかける中、伊藤がボロボロになりながらタイトルコール。畠中が「憶測がけっこう広がっているんですよ」と先輩芸人たちの反響に触れながら「僕は本当に知らなかったんですよ。携帯を見たら、記事が載っていて、そこからあなたに会えなかったので、まさかそんなこと…」と淡々と核心へと迫っていった。



 伊藤は「まず、FLASHさんに撮られたところから話しましょうか。この写真の通り、蛙亭のイワクラさんとお食事をさせていただいて。なぜ、こんなに笑顔かっていうと、なんか歩いていたんですよ。そうしたら、なんか臭くないってなったんですけど、イワクラは全然臭くないと。前に歩いている人がおならして、オレにだけ向けておならしたのかなって話をしていた。その笑顔」とほほえましいやりとりを披露した。



 続けて「家の前まで送って、僕はその後、飲む約束があったので、帰ろうと思ったら、なんか視線を感じたんですよ。絶対に撮ってるじゃんって思って、目があった瞬間に、カメラを撮っていたおじさんがパッと離れたんです。車の中に入っていたので、車の写真も撮って、追いかけたんですけど、逃げられて」と臨場感たっぷりに回顧。



 その上で「その翌日に直撃されて、すごく怖かったと。それで、そこまで行って、自分の家にも来ているとわかっていたから、ドンキホーテに行って、3万円のキティちゃんのぬいぐるみを買ったんですよ。肩組んで出てきたら面白いだろうなと思って、出てきたんですけど、誰もいませんよ」と笑いを交えながらトークしていき「もう言いますよ。めっちゃ付き合ってます。愛していますよ」と話した。



 今回の報道がなければ、結婚するタイミングで同番組で発表するつもりだったという伊藤だが、報道によって軌道修正をしたと報告。ルームシェアからの恋愛関係について「これはキモいところですけど、本当の家族になるところですね。これは勘弁してくれっていうことなんですけど、好きになっちゃったんですね」と打ち明けた。その後、交際が昨年12月からスタートしたことなどを語った。



 イワクラと伊藤はかつてシェアハウスで同居関係にあり、5日発売の週刊誌『FLASH』でデートの様子などが報じられた。翌6日にはイベント共演を果たし、伊藤は「確認ですけど、キャスティングしたのは『FLASH』の記者ですか?」と熱愛報道直後の共演にボヤキ。イワクラが「全然、かわいいって言ってもらってもいいですよ?」と舞台上でのろけると、伊藤は「きょうは言えない」と照れるなど、半ば交際を認めるような雰囲気だった。



 きのう12日に配信された、ニッポン放送のポッドキャスト番組『蛙亭のトノサマラジオオールナイトニッポンPODCAST』緊急配信では、中野周平が「手元に写真週刊誌の『FLASH』があります。相方が写真誌片手にいろいろ聞くあれを番組サイドから求められています」と切り出し、記事を説明しながらイワクラに直撃した。中野が「一体どういうことですか?」と聞くと、イワクラは「私、蛙亭イワクラはオズワルド伊藤さんとお付き合いさせていただいています」と答えていた。



 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。
カテゴリ