ロッキン&サマソニ“夏フェスのマスク”について考えを表明「外せるところではマスクを外そう」 

ロッキン&サマソニ“夏フェスのマスク”について考えを表明「外せるところではマスクを外そう」 

 「ロック・イン・ジャパン」と「サマーソニック」の事務局が13日、「夏フェスでのマスク着用」のあり方について共同声明を発表した。



【画像】”ロッキン”第1弾出演アーティスト



 両事務局は、それぞれの公式サイトで「夏フェスに於けるマスク着用のガイドラインを、ロック・イン・ジャパン、サマーソニックはこう考えます」とする文章を掲載し、「基本的に、マスクを外せるところではマスクを外そう」とメッセージを発信した。



 来場者の健康と安全を守るための考えだとし、「夏の野外フェスの環境は厳しいです。熱中症のリスクは高まります。その中で常時マスクを着用するのはよりリスクを高めます。国のガイドラインに準じてルールを運用していきます」と意図を説明した。



 また「ふたつのフェスは会場レイアウトも運営環境も違うので、個別のルールを設定します。参加される方はしっかりチェックしてください」としたうえで、「マスクを着用することに違和感を覚える方、マスクを着用しないことに違和感を覚える方、その全ての方に納得していただけるルールを作ることは不可能です。またルールは参加される方の守ろうという意思によって支えられるものです。ぜひ皆さんの高いモラルを持った行動をお願いいたします」と呼びかけた。



 そして「『音楽を止めない。フェスを止めない。』という思いはひとつです」とし、「の夏、私たち2つのフェスだけでなく、全ての音楽イベントが安全に開催され、音楽シーンに活気が甦ることを願います」と記した。



■コメント全文



夏フェスに於けるマスク着用のガイドラインを、ロック・イン・ジャパン、サマーソニックはこう考えます。



今年の夏は各地で音楽フェスが開催されます。ようやく開催環境がコロナ前のものに戻りつつあります。しかし新たな感染者の増加、例年より早い梅雨明けに猛暑など、向き合わなければならない課題もあります。そうした状況を踏まえ、真夏の8月に首都圏で行われる私たち2つのフェスはマスクの着用について共通の指針を出し、参加される方の健康と安全を守りたいと考えています。それは基本的に、マスクを外せるところではマスクを外そうというものです。言うまでもなく夏の野外フェスの環境は厳しいです。熱中症のリスクは高まります。その中で常時マスクを着用するのはよりリスクを高めます。国のガイドラインに準じてルールを運用していきます。



ただ、ふたつのフェスは会場レイアウトも運営環境も違うので、個別のルールを設定します。参加される方はしっかりチェックしてください。



マスクを着用することに違和感を覚える方、マスクを着用しないことに違和感を覚える方、その全ての方に納得していただけるルールを作ることは不可能です。またルールは参加される方の守ろうという意思によって支えられるものです。ぜひ皆さんの高いモラルを持った行動をお願いいたします。



ただ参加される方も主催者も「音楽を止めない。フェスを止めない。」という思いはひとつです。是非、ご理解ご協力をお願いいたします。熱中症の発症を抑え、コロナ感染のリスクも抑え、無事にフェスを成功させたいと思います。この夏、私たち2つのフェスだけでなく、全ての音楽イベントが安全に開催され、音楽シーンに活気が甦ることを願います。



2022年7月13日

ROCK IN JAPAN FESTIVAL事務局

SUMMER SONIC事務局
カテゴリ