カワスイの夏!「恐竜・古代生物展~図鑑から飛び出した生きものたち~」開催

カワスイの夏!「恐竜・古代生物展~図鑑から飛び出した生きものたち~」開催


カワスイ 川崎水族館では、7月15(金)~9月25日(日)の期間、KADOKAWAが刊行する学習図鑑シリーズ「角川の集める図鑑GET!」とのコラボレーション第2弾「恐竜・古代生物展~図鑑から飛び出した生きものたち~」を開催する。

巨大図鑑の中に飛び込んだような迫力


「恐竜・古代生物展~図鑑から飛び出した生きものたち~」では、発現時代別に古代から生きている種を全8種約22点展示。遥か昔から姿かたちを変えていない理由や、生きものたちの生態や進化について、興味を持つきっかけをつくりたいとの想いから、第2弾コラボとなる特別企画展示の開催を決定した。


会場に入ると、巨大図鑑の中に飛び込んだような迫力を味わうことができ、水槽展示では図鑑のイラストから飛び出した生きものたちが動き回る。今から約5億4100万年前の古生代カンブリア紀に誕生したとされる「ヌタウナギ」や、恐竜のいた中生代白亜紀に祖先が誕生した「ポリプテルス・エンドリケリー」など、見た目や生態がユニークな生きものたちを展示する。

体験プログラムや関連メニューなども登場



期間中は、前回好評だった無料ワークシートも開催する。今回のナゾトキシートは更にパワーアップ!特別企画展会場であるカワスイホールをはじめ、カワスイ館内の通常展示やルフロン館内をめぐって楽しく生きものたちの特徴を学びながら古代生物の謎を解くことができる。シートの答えと裏面の「古代魚MAP」のキーワードを回答場所で伝えると、非売品のプレゼントがもらえ、1枚で2度楽しめるワークシートとなっている。


7月15日(金)~8月16日(火)には、同展のキービジュアルとなっているスピノサウルスや古代の本物のアンモナイトが手に入る体験プログラム「本物の化石を掘ってみよう!」を実施。化石は世界各地で発見された本物が入っているため、色・形がすべて異なり、発掘する楽しみを味わえる。参加料金は1,500円(税込)。


また、毎月第3土曜日は「カワスイ こどもの日」を開催しており、7月16日(土)は特別企画展示とコラボ。よみきかせとワークショップは恐竜・古代生物をモチーフにしたコンテンツで、古代の生きものが好きになること間違いなし!ワークショップ「古代魚クリップづくり」は小学生以下が対象、参加は無料だ。


さらに、恐竜や古代生物をイメージした「ザクザク恐竜ソフト」550円(税込)や「チョウザメのタピオカドリンク(キャラメル/抹茶)」各600円(税込)も登場する。


このほか、Twitterにてカワスイ入館チケットや「角川の集める図鑑GET!」が当たるキャンペーンも開催。詳細は公式サイトにてチェックしてみて。

今年の夏は、カワスイでワクワクするひとときを楽しんでみては。

カワスイ公式サイト:https://kawa-sui.com/news/169
カテゴリ