入山杏奈「仕事は自分で取ってきている」 AKB48卒業後メキシコでの近況明かす

入山杏奈「仕事は自分で取ってきている」 AKB48卒業後メキシコでの近況明かす

 元AKB48の俳優・入山杏奈(26)が14日、都内のメキシコ大使館で行われた『JUAST×VISIT MEXICO JAPANイベント第2部「VISIT MEXICO」』にメキシコからオンラインで出演。入山は現地でのドラマ出演をきっかけにメキシコを大好きになったといい、そこから半年でスペイン語を習得。それから4年間日本とメキシコを行き来する生活を送っている。今年3月にAKB48を卒業後の自身の近況を明かした。



【写真】あふれるテキーラ愛を語ったEXILE USA



 現在はメキシコでの仕事を頑張っていきたいと意気込む入山だが、現地にマネージャーがいないため、自分で仕事を取ってきているといい、覚えた語学を活かし「仕事のやり取りとかをスペイン語でやっている」と明かす。現地で大変なことについて「メキシコは時間にルーズなのでそういう意味では大変ですけど、10時に来てって言われたら10時10分に着くようにしている(笑)」と文化の違いを明かした。



 また日本男性とメキシコ男性の違いについて問われると「根本に持っているものは一緒だと思うんですけど、表現方法の仕方というか、日本男性は言葉にしなかったり態度にしなかったりが結構あるのかなと。メキシコ男性はや友達や恋人への愛情表現が豊かだと思います」と印象を明かした。



 最後には「今やっている活動の延長というか、日本とメキシコの懸け橋となるような存在になりたい」と今後の目標を語った。



 同イベントにはそのほかEXILE USAも登場した。
カテゴリ