【あす15日のちむどんどん】和彦が愛に“本心”を伝えようとするも…賢秀は失恋から立ち直れない

【あす15日のちむどんどん】和彦が愛に“本心”を伝えようとするも…賢秀は失恋から立ち直れない

 俳優の黒島結菜がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説 『ちむどんどん』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。第70回(15日放送)のあらすじを紹介する。



【写真】”本当の気持ち”を自覚した和彦が取った行動とは?



 前回は、県人会の遠足の余興で行われる沖縄角力大会。智(前田公輝)は「この大会に優勝して、暢子(黒島結菜)にプロポーズする」と心に決めていた。そんな智の初戦は、なんと和彦(宮沢氷魚)とだった。智の楽勝と思われたが、智の思いを知ってしまった和彦は意外な粘りを見せる。無邪気にふたりを応援する暢子の前で、勝負の行方は…。一方で賢秀(竜星涼)は、和歌子(駒井蓮)への想いが募るばかり。だが、そこに意外な人物が現れる。



 今回は、県人会の沖縄角力大会で決着がついた智(前田公輝)と和彦(宮沢氷魚)。その角力大会をきっかけに自分の気持ちに気づいた和彦(宮沢氷魚)は、恋人の愛(飯豊まりえ)に自分の気持ちを伝えようとするが…。一方で、手痛い失恋から立ち直れない賢秀(竜星涼)は、またしても猪野寛大(中原丈雄)の養豚場に戻るが、そこで清恵(佐津川愛美)と意外な成り行きに…。
カテゴリ