『うる星やつら』第1期は10月より2クール連続放送 追加キャスト発表でラン役を花澤香菜

『うる星やつら』第1期は10月より2クール連続放送 追加キャスト発表でラン役を花澤香菜

 36年ぶりとなる完全新作テレビアニメ『うる星やつら』第1期が、10月よりフジテレビの深夜アニメ枠“ノイタミナ”にて、2クール連続で放送されることが決定した。また、ラムの幼馴染で宇宙から友引高校に転校生としてやってくるラン役を花澤香菜が担当することが発表された。



【写真】ラムちゃんに負けない大胆ボディ!美脚チラリの担当声優・上坂すみれ



 花澤が演じるランは、ラムの幼馴染。宇宙から友引高校に転校生としてやってくる。普段はぶりっ子の美少女を装っているが、ラムと二人になると本性が露呈するというキャラクター。



 花澤は、自身演じるランの魅力について「ランちゃんは極端なぶりっこモードと、また極端なブチ切れモードの二重人格を持つ女の子なので、見ていて飽きない面白いところが魅力だと思います!」。また、演じるにあたり「ぶりっこにも怒りにもちゃんと理由があるので、彼女の気持ちに寄り添いながら、パワフルに演じられたら良いなと思っています」とコメントを寄せた。



 選び抜かれた原作エピソードを全4クールにわたって放送する今作は、主人公の“ダーリン”こと諸星あたる役を神谷浩史、ヒロイン・ラム役を上坂すみれ、三宅しのぶ役を内田真礼、面堂終太郎役を宮野真守、チェリー役を高木渉、サクラ役を沢城みゆきが務めることが決まっている。



 『うる星やつら』は、『週刊少年サンデー』で1978年~1987年にて連載された漫画が原作で、地球“最凶”の高校生・諸星あたると、宇宙から舞い降りた“鬼っ娘”美少女ラムのラブコメディー。大胆不敵、恋にも全力、でもどこか切ない…あたるとラムのボーイ・ミーツ・ガールを、銀河中から集結するキャラクターたちが彩る作品となっている。ゲーム化、劇場アニメ化などもされており、テレビアニメが1981年~1986年に放送された。
カテゴリ