林修、収録でほろ酔い“ふんどし姿”を披露 松村沙友理はスナックママ役でしっとり和装

林修、収録でほろ酔い“ふんどし姿”を披露 松村沙友理はスナックママ役でしっとり和装

 予備校教師でタレントの林修が、あす15日放送のMBSテレビ特別番組『スナックでしか聞けない話』(深0:40 ※関西ローカル)で、“スナックの常連客”となり、ふんどし姿を披露する。



【場面カット】和装した松村沙友理ママの接客にご満悦の林修



 タイトルの通り、“スナックでしか聞けない”ディープなトークバラエティー番組。元乃木坂46の松村沙友理がママ役、女装家のベビーヴァギーがチーママ役、アンガールズ・田中卓志が従業員役として登場し、そこへ常連客の“おさむちゃん”こと林が来店する



 さらに、3人の女性ゲストが登場し、「総フォロワー数 120万人の芸能事務所社長」「ふんどしランジェリーを開発デザインした社長」「ギャンブル大好きの詩人」という濃いメンツがそろう。実際にお酒を飲みながら、スナックだからこそ話せるギリギリトークを繰り広げる。



 芸能事務所社長の葉山潤奈さんは、スカウトされたことがきっかけで芸能界入りしてからの驚きの過去を赤裸々告白。京都・祇園のクラブでNo.1を取ったこともあり、その極意に一同釘づけになる。また、スナックの“沙友理ママ”が乃木坂46時代の必殺技を披露し、“おさむちゃん”はニヤニヤが止まらない。



 女性用ふんどしランジェリーを開発した玉川有希さんは、そのきっかけを明かす。そして“おさむちゃん”が中学1年生以来というふんどし姿を披露する。



 詩人・渡邊十絲子さんは、ギャンブル、特にボートレース好きであることを明かし、「自分の思惑通りにならないことを受け入れるのが大事」と話し、競艇で使われる用語で、待つという意味の「見」(けん)は普段の生活にも役立つと説く。それに“おさむちゃん”も同意し、酔いも回ってボートレース実況のモノマネを披露する。
カテゴリ