セルジュ・ムイユ氏とピエール・シャポ氏の作品を揃えた企画展がBUNDLE GALLERYで開催

セルジュ・ムイユ氏とピエール・シャポ氏の作品を揃えた企画展がBUNDLE GALLERYで開催


CASA DEは、EDITIONS SERGE MOUILLE JAPANとの共同企画で、ミッドセンチュリーを代表するフランスのデザイナーであるセルジュ・ムイユ氏とピエール・シャポ氏の作品が一同に揃う企画展を、7月15日(金)~24日(日)の期間BUNDLE GALLERYにて開催する。

ヴィンテージ作品や現行品を展示



「THE LEGACY OF MODERN CRAFT/継承されるセルジュ・ムイユとピエール・シャポの造形美」の会場は、BUNDLE GALLERY。ル・コルビュジエのアトリエで学んだ最後の日本人建築家として知られる、進来廉氏が1970年代に設計したという個人邸を、ギャラリーショールームとして新たに再生させた空間だ。

セルジュ・ムイユ氏とピエール・シャポ氏がどのような人物で、どういった経緯で作品が生まれたのか、当時の写真や日記をもとに紹介され、CASA DEが保有するヴィンテージ作品と、それぞれの家族らが継承するアトリエで製作された現行品が展示されるという。

さらに、同展のために復刻したという日本初上陸のピエール・シャポ氏のアイテムも展示予定とのこと。期間中、出展作品は受注販売が行われる。

卓越した金属細工の技術で生み出された作品



セルジュ・ムイユ氏は、幼少期の植物や昆虫に対する深い好奇心がデザインの根本に存在しているという。同氏が学生時代に磨き上げた、その卓越した金属細工の技術のもと生み出された作品は、ミッドセンチュリー期の中でも異質で類稀なる存在感を放っている。

世界的な彫刻家のガブリエル・ルネ・ラクロア氏から金属加工と銀細工を学び、1952年にフランスのモダニズムデザインの巨匠ジャック・アドネに照明器具のデザインを依頼されたことをキッカケに、その後の人生を照明の制作に捧げたという。

1950年代に発表された照明作品「Black Shapes」シリーズで名声を博した後、デザイナーとしての後期に発表された「Les Colonnes」シリーズは、どこかポストモダンの要素すら感じる。同氏の過去の代表作とは異なっており、そのデザインの振り幅、彫刻的な美しさや独創性はマスターピースと称されている。

木の荘厳な存在感とモダンデザインとの融合



ピエール・シャポ氏は、木の持つ生々しくも荘厳な存在感と、確かな洗練されたモダンデザインとの融合によって、その独自性を確立。

同時期に活躍した日系アメリカ人の彫刻家/デザイナーであるイサム・ノグチ氏の工芸品に対する有機的なアプローチや、作品づくりにおける理念に同氏は強く共感したそうで、自身のギャラリーでイサム・ノグチ氏の作品を取り扱っていたことでも有名だ。

ピエール・シャポ氏のデザインは、彼の木工に対する情熱なくして生み出すことができなかった作品だろう。工業素材や大量生産が主流となりつつあった1950~60年代において、手工芸や木材への愛に溢れた同氏のシグネチャーとも言えるオールジョイントのデザインは、時代を超えた現在でも大きなインパクトを与えている。

アポイントフリー&入場無料


同展の期間中はアポイントフリーで、入場無料。なお、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、会期の変更や、臨時休館となる場合があるので注意を。

この機会に同展に足を運んで、セルジュ・ムイユ氏とピエール・シャポ氏の作品を楽しんでみては。

■BUNDLE GALLERY
住所:千葉県野田市野田57番地
カテゴリ