Lynn、声優になり「いつかガンダムに」の思い実現 誕生日の吉報は“最高のプレゼント”

Lynn、声優になり「いつかガンダムに」の思い実現 誕生日の吉報は“最高のプレゼント”

 声優のLynnが、サンライズが制作するアニメ『ガンダム』シリーズの新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』でスミオリネ・レンブランを演じることが14日、アニメ本編の前日譚「PROLOGUE」が初公開されるイベント『GUNDAM NEXT FUTURE -LINK THE UNIVERSE-』で発表された。



【画像】『ガンダムルブリス』背面 場面写真34枚も!



 10月から毎週日曜午後5時にMBS/TBS系で放送されるテレビシリーズ7年ぶりの新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』。主人公のスレッタ・マーキュリーを演じるのは市ノ瀬加那に決まった。



 横浜会場に登場したLynnはオーディションを振り返ると「子どものころ、ガンダムが大好きで見ていた。いつかガンダムに乗ってみたい、と声優になれたからにはそういう夢も抱いていた」と回顧。本作はテレビシリーズでは初の女性が主人公の作品となる。「もしかして、その夢がかなうかもしれないと、いつも以上に気合を入れてオーディションに参加させていただいた」と裏話を明かす。



 そんなアツい思いを抱え、見事に役を勝ち取った。「『役が決まりました』という連絡をいただいたのが自分の誕生日だったんですよ」とエピソードを披露すると「もう最高の誕生日プレゼントだなと思って、スゴくうれしかった」とにっこり。ただ、それと同時に「作品の長い歴史、重責も感じた」そうだが、今は「うれしくてワクワク。放送されるのが楽しみです」と笑顔をはじけさせた。



 『GUNDAM NEXT FUTURE -LINK THE UNIVERSE-』は、横浜の「動くガンダム」、お台場の「実物大ユニコーンガンダム立像」、上海の「実物大フリーダムガンダム立像」、福岡の「実物大νガンダム立像」を、ガンダム作品のBGMやレーザー演出で同時連動させる初の試みのイベントとなる。



■キャラクター

【ミオリネ・レンブラン】

 容姿端麗、成績優秀な経営戦略科2年。学園理事長でもあるベネリットグループの総裁、デリング・レンブランの一人娘。父親に対して強い反抗心を抱いている。



■『機動戦士ガンダム 水星の魔女』あらすじ

A.S.122。数多の企業が宇宙へ進出し、巨大な経済圏を構築する時代。モビルスーツ産業最大手「ベネリットグループ」が運営する「アスティカシア高等専門学園」に、辺境の地・水星から一人の少女が編入してきた。名は、スレッタ・マーキュリー。無垢なる胸に鮮紅の光を灯し、少女は一歩ずつ、新たな世界を歩んでいく。
カテゴリ