【ANN55周年連載Vol.3】三四郎×金子司D鼎談(後編) 8年目突入で得たもの「信頼できる人が増えた」

【ANN55周年連載Vol.3】三四郎×金子司D鼎談(後編) 8年目突入で得たもの「信頼できる人が増えた」

 1967年10月2日の深夜1時。「君が踊り僕が歌うとき、新しい時代の夜が生まれる。太陽のかわりに音楽を、青空のかわりに夢を。フレッシュな夜をリードするオールナイトニッポン!」という糸居五郎の第一声で、ニッポン放送“深夜ラジオの代名詞”『オールナイトニッポン(ANN)』が幕開けした。現在にいたるまで、才能豊かな数々のパーソナリティーを見出し、リスナーに寄り添い、常に時代の最先端を見つめ、話題や文化を発信してきた『ANN』が、この4月から55周年YEARを迎えた。



【写真】笑いが絶えない『三四郎ANN0』に密着



 ORICON NEWSでは、毎月1組のパーソナリティーにスポットを当てて『ANN』の“今”を紹介する連載企画をスタート。第3弾となる今回は、『ANN0』と『ANN』をどちらも経験しながら8年間ラジオを続ける三四郎。全3回にわたる初回と第2回は、番組を手がける金子司ディレクターとの鼎談を届ける。



■ゲストが異色なのは、この番組の登場人物がマニアックだから



 ANNブランドでのパーソナリティーは、8年目となる三四郎。年越し特番のパーソナリティーを担当したり、番組内での発言がきっかけとなり、『紅茶花伝』とのコラボレーションやイベント出演がかなったり、55周年を迎える『ANN』史上初となる公式ファンクラブを立ち上げたりと、番組を起点として、さまざまなことを実現させている。長きにわたってパーソナリティーを務めているからこそ、毎年春頃に行われる『ANN』ブランドのパーソナリティー就任会見では、中心となって場を盛り上げる“ニッポン放送の元気印”だ。



 なかやまきんに君をはじめとするゲスト回では、特に三四郎が腕を鳴らす。三四郎は、自身が輝くだけでなく、ゲストを輝かせることにも長けているのだ。



 そんなゲストの知名度も最近ではまちまち。「サイモン(リニア・しょうへい)」をこの番組で初めて知った人も多いだろう。「ほかの『ANN』シリーズでは、スペシャルウィークにビッグゲストをお呼びすることが多いですが……」と筆者が切り出すと、相田と金子Dが「何が言いたいんですか?(笑)」とニヤニヤしながら質問の途中でツッコミを入れた。3人に、ほかのラジオとは一味違うゲスト選定について向けてみた。



小宮 以前は(バイきんぐ)小峠(英二)さんとか千鳥さんとかも来てくれたけど、最近は全然出てくれなくなっちゃって……。千鳥さんはもう一回声かけたんだけど「ごめん断ったわ」って言われたよ(笑)。まあ、一回出てくれただけでね。



相田 放送時間が深いから(笑)。



金子 (ヘビーリスナーである)宮川大輔さんは、オファーしてから実現まで半年かかりました。



相田 「リスナーだから出たくなかった」って言っていたもんな(笑)。



金子 ブッキングは、放送後に福田さん(放送作家の福田卓也氏)と相談してから、電話でオファーして、数時間後の土曜の午前中には終わります。決め方は、ほかの番組と一緒で、放送内で話題になっていたり、今呼んだら面白いだろうという人に声をかけているので、ただただこの番組の登場人物がマニアックってだけなんです。



相田 喉押さえマンはブッキング大変だった?(※芸名通り、のどを押さえることでさまざまなものまねを披露し、SNSなどで話題に。事務所に所属する前のタイミングで、同番組にゲスト出演していた)



金子 大変でしたね。まず何者かを調べるところから始まりましたから(笑)。そのときはまだ事務所に入ってなかったんで、ツイッターでDMを送りました。



──きんに君さんやKAZMA(しずる)(※Zはストローク付き表記)さんなど、三四郎ファミリーはどんどん売れていきますよね。



金子 その2人だけじゃないですか?(笑)



小宮 KAZMAは……売れたのか?



──『アメトーーク!』で取り上げられたり…。



小宮 うん……でもそっからあんまり見ないよね……? ここでできた取り扱い説明書でメディアに出てないからね。テレビであんな出方してないもん(笑)。きんに君さんもあの感じでは世に出てないから、このラジオはちょっとズレてるのかもしれない。



金子 都築も、「あんなにツッコみまくるのここだけですよ」って言っていました(笑)。



──別取材で、相田さんに「芸人仲間の名前を世に出したいという思いがあるのか?」とお聞きした際「ゲストは手元に残しておきたいから売れてほしくない」とおっしゃっていましたが、小宮さんはいかがでしょう?



小宮 まったくないですよ。サイモンとか売れないと思うからなぁ(笑)。モグライダーとか身近なヤツに対しては、そういう気持ちもあります。トークの流れで来てくれるのはうれしいし。



相田 このラジオで売れるってこともないもんね(笑)。



小宮 きんに君さんとKAZMAは、たまたま違う媒体でいい感じになっただけなんで、このラジオきっかけで売れるっていうのはあんまりないかもしれないですね。



金子 何人かのキワモノが「聴きました!」と言ってくれるくらいですもんね(笑)。でもやっぱり、きんに君さん回はいろんな人に言われますよ。僕はKAZMAさん回のほうが言われてもいいかなと思ってるんですけど、一回も言われないです。面白かったんですけどね……。ここきっかけで何かが変わったのは、都築だけかもしれない(笑)。



相田 ラジオ大阪『サクラバシ919』も始まったしね(都築は木曜担当)。



金子 僕がディレクターになってからのビッグゲストは宮川大輔さんくらいなんですけど……確かにあれは緊張しました。



小宮 みんなが「ビッグゲストだ!」「今夜は本気だ!」みたいな感じで言うし、台本にもそういうテイストで書いているから緊張するんだよ(笑)。前は、このラジオはそんなに影響力あるわけでもないし…と思って、適当にやっていたんで、千鳥さんとかが来たときもビッグゲストとかも言われてなかったんですよ。小峠さんも、(アンガールズの)田中(卓志)さんもフジモン(FUJIWARA・藤本敏史)さんも当たり前のように来てたんで。ただ、その後が小粒すぎて、ビッグゲストっていうようになっちゃった。そういわれると緊張するけど、いつも通りでいいんだよな?って。



相田 夏帆さんも来てくれたしなぁ。



小宮 そういう方だったら緊張するのもわかるけど、宮川大輔さんのときはみんな煽りすぎるんだよ(笑)。



相田 スタッフさんが緊張してるかもしれないな。いつもより、ちょっとピシッとしてる。で、どうせゲストに「こんな時間にすみません」とか言うんでしょ?(笑)。



金子 一言目はそれですね(笑)。



小宮 ブースの外を見ても、あんまりこっち(三四郎サイド)で、笑ってなくて、「宮川大輔さんが笑ったら笑おう」みたいな感じはあるっちゃあるよね? で、それを出さないようにしてるっていうのもわかる。「顔色伺って笑うのはやめよう」って雰囲気が。そういうのも相まって緊張はしました(笑)。



──過去、やりやすかったゲスト、やりにくかったゲストは思い浮かびますか?



相田 「やりにくい」はこっちの問題だよな(笑)。



小宮 おかずクラブじゃない? 



相田 確かに。普通にトークしようって言ってんのにおかずクラブがキャラ入るから(笑)。



小宮 そうだね。それと、こっちも始めたてでラジオの勝手がわからなかったし。みんな結構やりやすいけど、特に田中さんとかはやりやすかったかな? きんに君さんは、最初はやりにくかったけど、それはきんに君さん自身も最初は緊張してたから。「このラジオに出てマイナスなんじゃないか?」と思ってたきんに君さんがいたんですよ。でも、反響がすごいってことがわかってからノリノリで来て気楽に楽しんでくれるようになったんで、最近はやりやすいように感じました。



相田 今後呼びたい人は生瀬勝久さん。



金子 当たり前ですけど、断られますよ(笑)。



小宮 花江(夏樹)君とかもきてくれたから、芸人以外もいいよね。



相田 (Creepy Nutsの)R-指定とかもいるけど、Rは芸人みたいなもんだしな……。



金子 僕は特に何もないです。



小宮 それはそれで(笑)。



金子 いやいや(笑)。流れがあったらその時々ではありますけど。



小宮 今思いついたのが、芸人じゃないとしたら、僕らの成城学園の幼なじみとかは? 芸能人の子供とかいるから、昔話をしても内輪だけじゃなくて外にも発信できるし。前川清さんの子供とか仲良かったり、世良公則さんの子供もいたよね。なつかしいトークもできるし、“ならでは”だよね。昔の僕らのことも知ってるし。



相田 2世スペシャル。



金子 僕、小宮さんの奥さんを見てみたいです。ただ見てみたいだけなんで、出演しなくていいので見学しにきてほしいです。



相田 嫁スペシャル。



■8年間で得たもの 小宮「ファン層が広がった」相田「信頼できる人が増えた」



 三四郎の2人は、30歳でパーソナリティーとなり、今や40歳を目前に控える。芸人としても大事な時期だったであろう、この8年間、ラジオを続けていて良かったと思うことは一体なんなのか。



小宮 トークに自信がつくようになりました。それと、ファン層が広がったのもうれしいです。テレビを観ないおじいちゃんおばあちゃんとかにも知っていただけることが増えたな。飲み屋で飲んでて、“三四郎”って存在は知ってたけどビジュアルは知らない人から、声を聴いて「小宮さんですか?」って話しかけられることもあって、それが新鮮でうれしかったです。



相田 僕が続けていて良かったと思うのは、信頼できる人が増えること。テレビの現場に行ったときも「ラジオ聴いてます」って言ってくれるスタッフさんがいると、一気に味方ができた気がするんです。なんとなく僕らのことをわかってくださってる気がするし、取っ掛かりができるというか。『三四郎&Creepy Nuts 成長紀』も、プロデューサーさんがラジオを聴いていて、やりたくなったって言ってくれてうれしかった。その方、この間『有吉の壁』のスタッフとしても入ってたんですよ。『有吉の壁』に味方増えたー!って思いました(笑)。



(取材・文 佐々木笑)



【三四郎】相田周二、小宮浩信によるお笑いコンビ。中学・高校の同級生で2005年にコンビ結成。型破りながらも独特のボケとツッコミの漫才スタイル。テレビ東京系『ゴッドタン』で小宮が前歯を失い、車椅子の状態で挑んだ出演をきっかけに、テレビ、ラジオ、ドラマ、ナレーションなどの出演を広げ活躍している。2015年3月末から16年3月まで火曜『ANN0』、16年4月から19年3月まで金曜『ANN0』を担当。19年4月から21年3月まで金曜『ANN』で、21年4月からは金曜『ANN0』のパーソナリティーを務めている。
カテゴリ