栗原恵、旅ロケで海水40キロ運び「肩、死にました…」 Tシャツまくり真っ赤になった肌を見せる

栗原恵、旅ロケで海水40キロ運び「肩、死にました…」 Tシャツまくり真っ赤になった肌を見せる

 元バレーボール女子日本代表の栗原恵が、あす16日放送のABCテレビ・テレビ朝日系『朝だ!生です旅サラダ』(毎週土曜 前8:00)にゲスト出演し、能登半島の旅をリポートする。



【場面カット】能登半島に500年以上伝わる塩づくりの様子



 スタジオにも生出演する栗原は、「ゲストの旅」コーナーで能登半島の旅ロケにも行き、輪島から珠洲までの塩街道と呼ばれるエリアに500年以上伝わる「揚げ浜式製塩法」を体験した。



 灼熱(しゃくねつ)の太陽の下、計40キロ以上ある2つのおけを肩にかつぎ、海水を塩田まで運ぶ作業に体を張って挑み、「夏場のトレーニング合宿思い出すな」と言うほどフラフラに。さらに「肩、死にました…」と勢いよくおけを肩から外すと、Tシャツをまくって真っ赤になった肌を見せる。



 それでも「久しぶりに(重いものを)担いだんで、運動不足がバレますね」とプリンセスメグの笑顔は健在で、最後には「忘れられない味になりそう!」と絶賛の、職人が“手塩にかけて”作った塩むすびを楽しむ。
カテゴリ