TikTok上半期トレンド大賞は「ロマンスの神様」 広瀬香美、反響に驚き「そんなの嘘だと(笑)」

TikTok上半期トレンド大賞は「ロマンスの神様」 広瀬香美、反響に驚き「そんなの嘘だと(笑)」

 ショートムービープラットフォーム・TikTokのフェス型イベント『TikTok Creative Festival』が15日、都内で開催され、『TikTok2022 上半期トレンド』の大賞・各部門賞が発表された。大賞は広瀬香美の「ロマンスの神様」が受賞した。



【動画】TikTok上半期トレンド大賞は「ロマンスの神様」 広瀬香美、反響に驚き「そんなの嘘だと(笑)」



 『TikTok2022上半期トレンド』は、2022年上半期にTikTokで流行したハッシュタグチャレンジや音楽、エフェクトをノミネートし、ユーザーの投票やアプリ内のデータなどを基に総合的に判断して、各部門の2022年上半期で1番流行ったトレンドを決定する企画。



 「チャレンジ部門」はTikTokで多くの投稿に使用されたハッシュタグをノミネート、「ミュージック部門」はTikTokがきっかけで流行した楽曲をノミネート、「エフェクト部門」はTikTokで多くのユーザーに使用されたエフェクトをノミネートし、6月15日から2週間の間投票を受け付けていた。



 先行して発表されていたノミネート30選には、「#ネコニャンニャンニャン」、「#アーニャピーナッツが好き」、「ケダモノのフレンズ」、「落書きソング」などがあり、30選の中から「ロマンスの神様」が大賞に選ばれた。



 「ロマンスの神様」は、音楽家・広瀬香美が1993年にリリースした楽曲。大賞受賞の背景は、TikTok クリエイターのタイガの振り付けによるダンスの振り付けをきっかけに広まり、楽曲を使用した関連動画の総再生数は16億回を超え、TikTokにおけるリバイバル・ヒットの火付け役になったことから大賞になった。



 イベントには広瀬が出席し、大賞受賞に「新しい世代の方に聴いていただき、大ヒットするなんて」と驚きつつも、「ありがとうございます! うれしいです」とにっこり。



 反響については、「スタッフから『バズって』いるよと言われたのですが、正直信じていなくて。そのあと、3人のスタッフから『バズっていますって!』と強く言われて見たら、バズっていて! (歌詞通りに)『そんなの嘘だと思いませんか?』という(笑)」と笑いを誘った。



■TikTok上半期トレンドの各部門

大賞:ロマンスの神様

チャレンジ部門賞:#PAKU

ミュージック部門賞:W/X/Y

エフェクト部門:ハートアイズ

カテゴリ