梅のおいしさがぎゅぎゅっと詰まった、極上のチーズテリーヌ。濃厚なのに爽やかで、クセになる後味なんだって


和歌山・田辺のレストラン「Mobo」から、地元の梅を使ったチーズテリーヌが登場。



店頭と公式オンラインストアにて、7月14日(木)より販売されています。



濃厚ながらすっきりとした味わいは、夏のおうちスイーツにうってつけかも。



和歌山・田辺の古民家レストラン「Mobo」って知ってる?



和歌山・田辺の古民家レストラン「Mobo」



大正後期から昭和初期に建てられた一軒家で営まれている「Mobo」



おいしさにこだわって見つけた地域の食材を使い、和歌山の豊かさをお皿の上で表現する創作レストランです。



地域の果実を使った、シェフこだわりの極上チーズテリーヌ



「MOGA CHEESE TERRINE」を作る様子



「MOGA CHEESE TERRINE」は、そんな「Mobo」の料理人が数百回の試行を経て生み出したという、極上のチーズテリーヌ。



あたたかな陽光を浴びて育った紀州の果実をジュレにして、北海道産クリームチーズと重ねた、とっておきのお味を楽しめます。



「MOGA CHEESE TERRINE」の材料



クリーミーなチーズと、厳選されたフルーツの爽やかさが口の中でひとつに溶け合う、新感覚スイーツなんだとか。



材料に小麦を含んでいないため、グルテンを控えている人でも楽しめるのがうれしいポイントです。



旬の時期に合わせて「梅のチーズテリーヌ」が登場



Moboから登場した「梅のチーズテリーヌ」



このたび7月14日(木)には、梅の旬の時期に合わせて「梅のチーズテリーヌ」(税込3300円)が発売されました。



素材には、無農薬・無化学肥料で育った和歌山県産の梅を使用。ひと口食べれば、梅の爽やかな薫りが口の中に広がるんだそう。



濃厚ながらもさっぱりとした、クセになる後味は、日差しがさんさんと降り注ぐ暑い夏にぴったりです。



Moboの「梅のチーズテリーヌ」を切り分ける様子



テリーヌは冷凍便で届くので、食べるときにはまず冷蔵庫内で90分ほど置いて、半解凍状態で切り分けて。



お好みでもう1〜2時間ほど冷蔵庫へいれると、さらにチーズの味わいが広がるといいます。



Moboから登場した「梅のチーズテリーヌ」でティータイム



ちなみにペアリングには白ワインやスパークリングワイン、ロゼがおすすめなんだとか。



コーヒーや紅茶と楽しむのもいいですが、アルコールと合わせるとより大人気分を味わえそうですね。



「甘夏のチーズテリーヌ」もあわせていかが?



Moboから4月に登場した「甘夏のチーズテリーヌ」



また、公式オンラインストアでは、4月に発売された「甘夏のチーズテリーヌ」も販売中。



紀州の甘夏と爽やかなハーブのジュレ、クリーミーなチーズのまろやかさが口の中でひとつに溶けるスイーツです。



梅と同じく、すっきりとした味わいで最後まで飽きずに楽しめそうですよね。



涼しいお部屋で優雅なティータイム



Moboから登場した「梅のチーズテリーヌ」でティータイム



外に出るのもイヤになるくらい暑い日は、おうちにこもってとっておきのスイーツを楽しんでみては?



かんかん照りの外の景色を眺めながら、エアコンの効いた涼しいお部屋で優雅にティータイムなんて、とっても素敵。



お近くにお住まいの方は、ぜひお店にも足を運んでみてくださいね!お出かけの際は、万全の感染対策をお忘れなく。



Mobo

住所:和歌山県田辺市新万8-2

営業時間:ランチ 11:30〜15:00/ディナー 17:30〜23:00/カフェ(土日のみ)13:30〜16:00

※ランチ・ディナーともに予約制

定休日:火曜 ※水曜はディナー営業のみ

公式IG:@mobo.restaurant

オンラインストア

https://moga-cheese.stores.jp





カテゴリ