テニス元世界女王のマリア・シャラポワさん、第1子出産を“3ショット”報告「もっとも美しい贈り物」

テニス元世界女王のマリア・シャラポワさん、第1子出産を“3ショット”報告「もっとも美しい贈り物」

 女子テニスの元世界女王、マリア・シャラポワさん(35)が、日本時間16日までに自身のインスタグラムを更新し、第1子出産を報告した。



【写真】英実業家の夫と生まれたばかりの愛息子を見つめるシャラポワさん



 インスタグラムではロシア語で「2022年7月1日、Theodore(ロシア読みでヒョードル、神の贈り物の意味)」と記し、哺乳瓶とヒヨコの絵文字を添え、第1子となる男児を出産したことを伝えた。



 また、夫の英実業家アレクサンダー・ギルケス氏とともに、生まれたばかりの愛息子をやさしく見つめる3ショットを投稿。「私たちの小さな家族が求めていた、もっとも美しく、やりがいのある、満足感ある贈り物」と記した。



 シャラポワさんは、2001年にプロツアーにデビューし、世界ランクトップに上りつめ、女子選手史上10人目の生涯グランドスラムを達成。ロンドン五輪では銀メダルに輝いた。20年に現役を引退し、ギルケス氏との婚約を発表していた。
カテゴリ