『仮面ライダーリバイス』カゲロウ、大二を救うため復活 ヒロミも“全身全霊”かけデモンズに

『仮面ライダーリバイス』カゲロウ、大二を救うため復活 ヒロミも“全身全霊”かけデモンズに

 仮面ライダー生誕50周年記念作品の『仮面ライダーリバイス』(毎週日曜 前9:00、テレビ朝日系)。第44話「全身全霊をかけて、決断の行方」が、17日に放送された。



【動画】【仮面ライダーリバイス】第44話「全身全霊をかけて、決断の行方」予告



 ギフは契約を迫る大二(日向亘)に光線を放つが、間一髪アルティメットバイスが阻止。その直後、バイス(声:木村昴)は強力なパワーでギフ(声:井上和彦)に引き寄せられ消えてしまう。



 真澄(声:藤真秀)の体調に異変が現れた。看病していた花(浅倉唯)は狩崎(濱尾ノリタカ)のもとへ駆けつけ、話し合うよう訴えるが、デモンズドライバーとスパイダースタンプを調整に余念がない狩崎は冷たく拒否する。



 拘束されたバイスはギフから人間との共存を望んでいたが、今はその調整が必要だと聞かされる。人間が放つ悪性のエネルギーを食料としていたが、人間は進化し闇が極まったおかげでこのままでは自ら絶滅するからだという。



 一輝(前田拳太郎)は、母に別れを告げに来た大二に怒りを露わにすると、ともにライダーに変身して激突する。さくら(井本彩花)もジャンヌに変身、戦う二人の兄を必死に止めようとする。



 ギフは悪魔と共存する五十嵐家の人間に興味を持ち、中でもバイスを制御できている一輝に注目しているらしい。ギフの遺伝子を持つ五十嵐家とは家族、ともに道を歩めるというギフは五十嵐家以外の人間を排除し、自分の遺伝子を持つ人間だけで新たな歴史を築けば良いと言い放つ。それでは意味がない!と慌てるバイスは、ゲートから放り出されて…。



 ヒロミ(小松準弥)が狩崎のもとへやってきた。命をかけても大二を救うというヒロミに、狩崎は「命をかけて」という言葉は二度と使わないことを条件にデモンズドライバーとスパイダースタンプを手渡す。



 アルティメットリバイとホーリーライブが戦う場に放り出されたアルティメットバイスとギフが現れた。なおもギフとの契約を望む大二を合流したヒロミに任せると、アルティメットリバイとバイスはギフに立ち向かう。



 ヒロミは決死の覚悟で「全身全霊をかけて」デモンズに変身、ホーリーライブと激突する。しかし互いの必殺技で変身を解除すると、ヒロミは大二ににじり寄り「あきらめるな」と声をかける。ヒロミの必死の説得に、倒してしまったカゲロウ(日向亘=2役)を思い過去を捨てきれない苦しみを吐露する大二。



 「俺だって変わりたいよ…。助けてくれ…。カゲロウ」。そんな悲痛な言葉とともに涙を流す大二。その涙がホーリーウイングバイスタンプに落ちた瞬間、異変が起こりカゲロウが復活した。喜ぶ大二の呼びかけに応え、カゲロウは大二とともに変身。仮面ライダーエビリティライブが誕生する。



 アルティメットリバイとバイス、そしてエビリティライブは力を合わせギフを攻撃。ついにギフを完璧に封印してしまう。変身を解除した大二はこれまでのことを一輝らに謝罪、三兄妹の仲は修復された。



 そのころ狩崎は病室に駆けつけるが、時遅く真澄はすでに息を引き取っていた。そんな悲劇をよそに大二が帰ってきた五十嵐家は喜びに満ちあふれ…。



 この日は、消滅したと思われたカゲロウが、大二を救うために復活。待ち望んでいたファンも多く「カゲロウ、おかえり!」「やっぱりカゲロウがいないと」と反響が。また、「命をかけて」と禁じられたヒロミは「全身全霊」をかけて、大二を助けるために仮面ライダーデモンズへ変身。「変身がカッコいい…」「激アツだな」と歓喜していた。
カテゴリ