桜田ひより主演、ゾンビ×シェアハウス『生き残った6人によると』実写ドラマ化

桜田ひより主演、ゾンビ×シェアハウス『生き残った6人によると』実写ドラマ化

 ゾンビパンデミックとシェアハウス恋愛を掛け合わせた山本和音氏の漫画を実写化したドラマ『生き残った6人によると』が、MBS/TBS「ドラマイズム」枠で8月9日より放送されることが明らかになった。主演は桜田ひより。そのほか、佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、中村ゆりか、倉悠貴、高石あかり(※高=はしごだか)、八木アリサ、田中光輔、佐々木舞香(=LOVE)、大貫勇輔らが出演する。



【画像】『生き残った6人によると』ドラマ化イラスト



 舞台は、成田空港に到着した一機の航空機を皮切りに、千葉県内にパンデミックが広がった日本。街中にゾンビがあふれかえる中、ショッピングモールへと逃げ込んだ男女は、極限下で芽生える「こんな時だからこそ、恋がしたい!」という切実な想いにより、吊り橋効果も相まって、予測不能な恋愛の渦へと巻きこまれていく…。



 閉鎖された空間で、一筋縄ではいかない個性豊かなキャラクターたちが見出したのは、ゾンビの撃退方法ではなく、仲間たちとのハッピーすぎるユートピア(!?)。“ある秘密”をそれぞれ抱えた彼らが、期間限定の楽園で、ありのままの人生を謳歌していく。



 「誰と誰が生き残るのか!? そして、誰と誰がくっつくのか!?」。ゾンビに取り囲まれたショッピングモールで巻き起こるシェアハウス恋愛の行方と、徐々に明らかになる彼らの秘密とは!?



 監督は、高校の映画研究部で制作した監督作品『試験管ベイビー』が映画甲子園で監督賞を受賞。大学の卒業制作として監督を務めた『SLUM-POLIS』が国内外の映画祭で話題となり、15年に全国で劇場公開された。17年『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTYーリミット・オブ・スリーピング・ビューティー』で商業映画デビュー。その後、『チワワちゃん』(19年)、『疑惑とダンス』(19年)、『とんかつDJアゲ太郎』(20年)、『真夜中乙女戦争』(22年)など、大規模作品から短編映画まで次々と話題作を発表して注目を集めるほか、DEAN FUJIOKA、BiSHらのミュージックビデオを監督するなど、ジャンルを超えた映像制作を行っている二宮健がテレビドラマ初挑戦で全話の監督&脚本を担当し、ポップでスタイリッシュなエンタメ作品をつくりあげる。



■桜田ひより(水上梨々役)のコメント



 水上梨々役を演じさせていただきます、桜田ひよりです。ゾンビがいる世界で追い込まれた時、人は何をしたくなるのか。梨々は真面目で優等生、主人公の隣の隣くらいに居るようなそんな普通の女の子が、個性豊かなショッピングモールの住人達と出会い、刺激を受け…どんな恋をしていくのか…。皆さん、楽しみにしていてください!



■佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)(れんれん役)のコメント



 久しぶりのドラマ出演、そして漫画原作ということもありとてもワクワクしています。今回、監督を務められる二宮健さんは同じ平成生まれの貴重な監督ですし、以前監督の作品を映画館に観に行っていたこともあるので、監督の一ファンとしてもご一緒させて頂けて光栄です。エンタメ性の高い作品になっていると思いますので、盛り上げていけるよう自分の出来ることを精一杯努めてまいります!!!



■中村ゆりか(村濱雫役)のコメント



 この度、この作品に参加させてもらえる事を、とてもうれしく思います。ゾンビが出る作品に、一度は出たいと言う願望がありましたので♪ 怖さや恋模様、そして笑いも備わっていて飽きずに追いかけられるドラマです。ぜひ、8月の夏は新感覚のスリルでポップなゾンビドラマを楽しんでいただきたいです!



■倉悠貴(入江神役)のコメント



 初の二宮健監督作品ということで、撮影に入る前からとても楽しみな気持ちでいっぱいでした。入江神という役は、原作を読んだ時から大好きな人物なので、期待と同時に不安もありました。求められることが多く、毎日必死に食らいついていますが、個性豊かな、魅力溢れる方々とお芝居するのが幸せで現場に行くのが毎日楽しみです。次の展開が毎回気になる、そんなドラマだと思います! ぜひ、楽しんでいただければ幸いです。



■高石あかり(樫本ビースト役)のコメント



 こんなにも素敵なキャストの方々と、そしてゾンビの皆さんとこの不思議な共同生活を共にすることができてすごくうれしいです。見た目は、とっても派手なビーストですが、どこか冷静で皆を見守る彼女を丁寧に演じられたらと思います。登場する全てのキャラクターが個性にあふれ、笑いの耐えないお話ですが、ショッピングモールで、さまざまな出来事に出会していく中で徐々に芽生えてくる恋心や友情にほっこりしたり、時にむずがゆくなったり、そんな、「青春ゾンビラブコメディ」。ぜひご覧ください!



■八木アリサ(最上紗奈役)のコメント



 最上紗奈役を演じます、八木アリサです。紗奈は素直で天真爛漫、そしてトラブルメイカーな女の子です。監督はじめ同世代のキャストの皆さんと和気あいあいと撮影に臨んでいます。深夜の30分間があっという間に過ぎる、ハラハラ時々きゅん、な新しいシェアハウスドラマになっていると思います。ぜひご覧ください!



■田中光輔(柏正太郎役)のコメント



 初めて監督とお会いした時ビビビと感じ、ぜひこの作品に関わりたいと思いました。正太郎は真っ直ぐ自分に正直な男です。冷静ながらも軸を持っている彼を演じるとこで自分自身もすごく学びがありました。撮影自体は本当に短い期間でしたが、とても濃厚な時間を皆さんと過ごすことができました。実際のショッピングモールで夜通し撮影したりとたくさんの情熱があふれる作品となっています。個性豊かなキャラクターたちで描くサバイバルラブコメディー! ぜひご覧ください!



■佐々木舞香(=LOVE)(明美役)のコメント



 今回、明美として出演させていただきます。明美はドラマオリジナルのキャラクターということで、一体どんな風に物語に関わってくるのか、どんな影響を与えるのか、私自身とても楽しみです。個性的な登場人物ばかりなので、どこまでなじめるのかとても緊張していますが、明美に寄り添いながら、魅力を引き出せるように頑張ります。ぜひ楽しみにしていてください。



■大貫勇輔(平坂亮役)のコメント



 今回、今まで自分が演じたことのないようなタイプの〈平坂亮〉という役を演じさせていただきます。日々の撮影の中で、新たな発見もありながら、楽しく演じています。すばらしいキャスト・スタッフが一丸となって、ほっこり、ドキドキ、クスッとなってもらえるドラマになるよう精一杯頑張りますので、ぜひお楽しみにしていてください!



■二宮健監督のコメント



 ゾンビパンデミックなのに超ハッピー! とっても楽しいシナリオが書けました。信頼するスタッフ、魅力が止まらないキャストたちと共に、真夜中のショッピングモールで仲睦まじく撮影しています。おそらくかつてない連続ドラマが生まれるでしょう...。ぜひお楽しみに!



■原作者:山本和音のコメント



 『生き残った6人によると』ドラマ化です! 歳も職業も恋の仕方もバラバラなキャラクター達が、生身の体を宿したら一体どうなってしまうのか!? 楽しみです!!



■放送情報

8月9日スタート予定

MBS:毎週火曜 深0:59~

TBS:毎週火曜 深1:28~
カテゴリ